おひとりさま用Office 365

12月になりました。12月には、片付けておかなくてはならないことがいろいろありますが、ひとつ忘れてはいけないのが、Office 365の契約更新です。

WordやExcel、PowerPointなどのMicrosoft Officeアプリケーションは、プライベートだけでなく仕事でも使うのでどうしても必要なんですが、新バージョンが登場する度に購入するよりは安い…という作戦で、3年前から、買いきりのパッケージではなく、年額払いのライセンスであるOffice 365を契約しています。


3年前には、Office 365には企業向けのサービスしかありませんでした。そこで、私個人名義ではなく妻の店名義で、Officeアプリケーションが使えるプランの中ではもっとも利用料が安価な、Office 365 Small Business Premiumを選択して登録しました。

年額払いで17,625円(税込、1ヶ月あたり1,360円+消費税8%)のこのプランは、Word、Excel、PowerPoint、Outlookに加え、Access、Publisherといったマニアックなアプリまで使える上に、数々のWebサービスが利用できます。

特に、1TBの大容量のオンラインストレージ・OneDrive for Businessがポイント。他社の提供する同様のサービスと比べると、この値段でOffice一式がおまけに付いてくるのは反則では?というくらいのインパクトがあります。

また、サービスの中に一般向けに発信できるWebサーバーも含まれているところが気になっていました。このサーバーを店のWebサイト用に使えれば、現在レンタルサーバーを借りている分の費用を浮かせることが出来ます。


3年間、このサービスを利用し続けてきましたが、この12月まででOffice 365 Small Business Premiumの契約は終了することにしました。使わない機能が多くて、もったいなさを感じるようになってきたんですよね。

ビジネス向けのOffice 365には、ユーザー数分だけのメールボックスや企業内で使えるグループウェア的な機能も含まれています。しかし、そもそも1ユーザーだけの私の場合、これらの機能は使っても大して意味がありません。自分の予定だけなら、既にGoogleカレンダーを使ってPCとスマートフォンの両方からチェックできるようにしてありますし…。余談ですが、Windows 10標準のカレンダーは、Googleカレンダーを簡単な設定で表示できるので便利です。メールソフトもGmailを扱えますしね。

一般公開のWebサーバーも、Microsoft提供のCMSにどうも馴染めなくて、結局従来のサーバーにWordPressを導入して使うことにしました。本来ならOffice 365は自己所有のドメインを引っ越しさせて各サービスに適用できるんですが、結局引っ越しはせずじまいとなりました。


これまでの契約を終了することにした最大の理由は、ちょうどよい乗り換え先が見つかっていたから。2014年10月から、Office 365の個人向けプランであるOffice 365 Soloの提供が始まりました。現在は、これに乗り換えるつもりでいます。

Office 365 Soloでも、Office 365 Small Business Premiumで使えたアプリ類はAccessなどまで含めてひと通り利用できます。PC版またはMac版のOfficeを最大2台にまで(Small Business Premiumでは1ユーザーあたり5台でした)インストール可能で、これ以外にもスマートフォンやタブレット用のOfficeが利用できます。

Office 365 Solo契約時のOneDrive情報

Webサービスとしては、1TBのOneDriveとSkypeから携帯電話への60分の無料通話がセットされます。ただし、ビジネス向けのOffice 365でOneDrive for Businessが別途用意されるのとは違い、Soloの場合はWindows標準で利用可能なOneDriveの容量に1TBが追加される形になります。

同じOneDriveを冠してはいるものの、for Businessの方では企業利用に向けて信頼性などサービス面では差別化されているそうです。とはいえ、Soloの場合はOneDrive絡みでアカウントを使い分けたりする必要がなく、シンプルに大容量が使えるのは個人ユーザーにとっては利点です。

グループウェア関係が提供されないのは、ひとりでの使用が前提のSoloですから当然といえば当然。ただ、家族などで使えるような、企業向けではない複数ライセンスのパッケージもあっていいと思うんですけどね。仕立て方によっては結構需要があるはずです。現にWindows 7のときには用意されたわけですし。


Office 365 Soloの利用料は1ヶ月あたり1,274円(1,180円+消費税8%)。年間払いにすると2ヶ月分相当が割り引かれて税込12,744円で利用できますから、Small Business Premiumよりも毎年約5,000円安く済むことになります。

しかも、Amazonで1年分の利用権を購入すると、さらに安い11,581円で購入が可能です(12月まで限定らしいですが)。これなら月々1,000円未満。相当お値打ち感が出てきます。現在、私は1ヶ月間の無料試用中ですが、期限が近づいたらこの方法で購入しようかと思っています。

それでも「まだ高いなぁ」と思っている方がいるかも知れませんが、これを「1TBのオンラインストレージを契約するとOfficeアプリ一式が付いてくる」と読み替えると、ずいぶん雰囲気が変わってくるのではないでしょうか。DropboxやGoogle Driveなどの他社のオンラインストレージも、1TBを契約しようとすると、それなりの費用が掛かってきます。

でも、果たして1TBも使い道があるんだろうか?という方もいらっしゃるかも知れませんね。そのあたりについては、また回を改めてご紹介しようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です