雨でもパパは走る

今日は第16回浜松シティマラソンの日。昨年に続いて、5kmの部とファミリーの部(1.5km)の2部門にエントリーして、この日のために練習を続けてきました。

とはいえ、今年は例年のように週に何度か早朝や夜に走る…ということができず、せいぜい週末に一回り走ってくる程度。去年も似たような話をした記憶がありますが、それ以上に走り込めていませんでした。一応、当日走る距離の合計である6.5kmは、何とか走れることを確認してありましたが、やっぱり練習不足は否めません。

それでも、走れば何とかなるんじゃないかな?という妙な自信はありました。とはいえ、根拠はなかったわけではありません。相変わらず通勤で5kmほど歩いているので、カラダはそれなりに動きますし、食事もスマホアプリでの記録を続けて、この1年で体重の増減はほぼなく、振れ幅も2kg弱に収まりました。このあたりの管理はしっかりできている…という自負はあります。先日の定期検診でも、かかりつけの内科の先生に褒めていただきました。

しかし、心配だったのは当日の天気。1週間前くらいから、この日はまとまった雨が降ることが予想されていました。基本的には雨天決行ではあるわけですが、雨の中で走ることは、風邪などを呼び込んでしまうリスクにもなります。私ひとりならともかく、娘を連れて行って一緒に走らせるのはタイヘン。今年は6年生、万が一卒業式に出られないなんて事態になったら責任問題です。


当日は、朝5時頃に目が覚めました。屋根を激しく雨が打ち付けている土砂降り。Yahoo!の雨雲レーダーで確認してみましたが、どう見ても終日雨になりそうです。午前中は小降りの時間帯があるかも知れない…ということでしたが、考えた末に、残念ながらファミリーの部の方は出場を見合わせることに決定。それでも自分の5kmだけは走ろう!ということにしました。

5kmの部が行われた午前9時台は、比較的雨は小降りで、気温も寒すぎず、暖かすぎず…と、意外にコンディションは悪くありませんでした。もちろん、濡れた路面などは気をつけなくてはなりませんが、それでも攻めの姿勢を持って臨みました。

結果は27分台でのゴールということで、自己最高には及びませんでしたが、全体としては安定したペースを刻んで走れたかな?と思っています。しばしば失敗してしまう最初の1kmを、周りに巻き込まれずに自分でペースを作って走れたのは収穫でした。次回からもこの感じで、全体のペースがもう少し上げられるとイイですね。


走り終えた後は、陸上競技場の隣の広場に足を運び、参加賞を受け取ります。出場を見合わせたファミリーの部については、計測用ICチップもここで返却できます。引換券を持っていけば、走っていなくても参加賞は受け取ることができますから、娘の分も受け取ってお土産に持ち帰りました。

参加記念品でいただける青森のリンゴ

今年の参加賞はTシャツをいただきましたが、これとは別に参加記念品でいただけるのが青森県産のリンゴ。ここ何年か、毎年いただいています。見てくれは、ちょっと形が歪んでいるモノもあったりしますが、味は文句なし。結構楽しみにしています。

楽しみなのは娘も同じで、帰宅してからお試しで1個切ったら、ほとんど彼女に食べられてしまいました。来年は自分で走ってもらって来なさい!と言いたいところですが、来年は中学生になる彼女は、この大会では少なくとも5km走らなくてはなりません。出場する気になってくれるかどうか…まあ、地道に布教活動はしようと思います。

コメントを残す