先日、実に久しぶりに新幹線に乗って、静岡市まで出掛けました。仕事の用件だったのですが、コロナ禍でそもそも出張自体が激減した上に、感染を避けるためには公共交通機関での移動も避けたい…という話も重なり、考えてみると1年以上乗っていませんでした。

今後状況がどう変化するのかは想像も付きませんが、新幹線に乗る機会が増えることは、しばらくはなさそうです。そうなると、ICカードでタッチ&ゴー!のエクスプレス予約サービスを維持するべきかどうかも要検討なのですが、年会費1,000円そこそこですし、今のところは継続しています。また東京などを行ったり来たり飛び回る日が来ることを信じて。


N700Sに初めて乗りました

…というのはともかく、浜松~静岡間なら当然乗るのは自由席。たまたまホームにやって来た新幹線は、最新型のN700S車両でした。2020年7月から運用が始まったN700Sには、もちろん初めて乗ることになりました。

最新型とはいえ、JR東海の新幹線車両は700系、N700系、N700A、N700Sと、このところはマイナーチェンジといえる名称変更を繰り返しています。もちろん、中身を見ていけばいろいろと違いはあるのですが、見た目は基本的に大きく変わってはいないと感じています。最先端技術が投入されてきた新幹線も、もう半世紀以上の歴史を刻んでいます。革新から熟成に入っている、ということでしょうか。

快適にレッツノート・CF-SV8を開けます

いつものとおり、座席に座ったらレッツノート・CF-SV8を開いてひと仕事することにしました。テーブルは、一番前の列の巨大なものでなくても、もっと大きなノートPCを開いても十分仕事ができるくらいの広さがあります。まあ、以前から十分広いテーブルなのですが。

肘掛けにACコンセントが。どの席でも電源アリです

N700Sになっていちばん大きな変化が、電源コンセントが肘掛けのところに仕込まれたこと。これで、一番前やいちばん後ろの席、あるいはグリーン車を頑張って予約しなくても、どの席に座っても自分の電源がある…ということになります。これは実にありがたいですね。

ACアダプターを差し込んだ状態でも出っ張りは気にならず、快適に作業を行うことができます。上のノブを使ったリクライニング操作も、差し込んだままの状態で全然問題ありません。わざわざN700Sが来るのを狙うのはまだタイヘンですが、できれば利用したいですね。それよりも、新幹線で出掛けるのが当たり前の状況に戻るのは、一体いつになることやら(涙)。



1回のみ
毎月

記事を気に入っていただけましたか?よろしければ、今後のSSK Worldの活動に向けてご支援をお願いいたします。

SSK Worldを「面白い!」と思っていただける方がありましたら、今後の当サイトの活動継続に向けて、ご支援をお願いいたします。

金額を選択

¥100
¥500
¥1,000
¥500
¥1,000
¥2,000

またはカスタム金額を入力

¥

ご協力いただき、ありがとうございます。

ご協力いただき、ありがとうございます。

送金送金

コメント

コメントを残す

タグクラウド

2年縛り Amazon Android BESS Bluetooth CF-B5 CF-R2 CF-R4 CF-RZ4 CF-SV8 DIY iPhone LTE Movable Type Nintendo Switch NuAns NEO Reloaded SNS SSD USB PD Webサイト Webブラウザー Windows 10 Windows XP カメラ カーナビ クルマ ショップ ステップワゴンスパーダ スマートフォン バージョンアップ ブログ マラソン レッツノート ログハウス 中日ドラゴンズ 伊豆 倉庫 健康 写真 合唱 塗装 家族 携帯電話 旅行 日本プロ野球 映画 暮らし 東京 槇原敬之 浜松 無線LAN 省電力 自作PC 芝生 薪ストーブ 薪割り 記念日 野球 音楽 食べる