ドコモがdocomoのMVNO?

スマートフォンの更新に合わせて、メインの通信回線をOCNモバイルONEに乗り換えてから、半年近くが経ちます。とりあえず、不満らしいモノは全然思いつきません。何より、Amazon Music Unlimitedのストリーミングがハイレゾ音質で使い放題。文句などあろうはずがありません…何だかイチローの引退会見みたいな言い回しですが。

乗り換え先選びの時にも紹介しましたが、OCNモバイルONEは、NTTレゾナントという会社が提供している、NTTドコモ回線を使ったMVNO(仮想移動体通信事業者)のサービスです。NTTレゾナント自身がNTTドコモの子会社で、インターネットプロバイダーのOCNやWebポータルのgooなど、主に個人向けのインターネット関連サービスを担当しています。

そのNTTレゾナントが、7月1日付で親会社のNTTドコモに吸収合併されることが発表されました。NTTレゾナントが提供してきたサービスは今後はNTTドコモが提供することも発表されましたが、一つ気になるのがOCNモバイルONEの扱い。NTTドコモから回線を借りて営業しているMVNOを、NTTドコモが引き継ぐ?…となると、単純なワタシでなくても「ドコモはUQ mobileやY!mobileに対抗して、OCNモバイルONEを自社のサブブランドにするつもりなのかな?」と思うはずです。

当然、記者会見ではそんな質問が飛ぶわけですが、OCNモバイルONEは合併後もMVNOとしてサービスを提供予定なのだそうです。以前、OCNモバイルONEがNTTコミュニケーションズからNTTレゾナントに移管されたときにも、サブブランド化する考えはないと回答していたようです。とはいえ、NTTドコモの井伊基之社長は「でも、変えなきゃいけない状況になったら変えますよ」とも答えていました。

普通に考えれば、7月以降の「ドコモがdocomoのMVNOを提供する」という状況は、足かせになる事態こそ想定されるものの、メリットらしき点は思い当たりません。NTTグループとしては、ついに「その時」が来た!という判断なのかも知れません。いずれ何かが変わっていくはずです。ともかく、使いながら待ちましょう。



投稿日

カテゴリー:

投稿者:


1回のみ
毎月

記事を気に入っていただけましたか?よろしければ、今後のSSK Worldの活動に向けてご支援をお願いいたします。

SSK Worldを「面白い!」と思っていただける方がありましたら、今後の当サイトの活動継続に向けて、ご支援をお願いいたします。

金額を選択

¥100
¥500
¥1,000
¥500
¥1,000
¥2,000

またはカスタム金額を入力

¥

ご協力いただき、ありがとうございます。

ご協力いただき、ありがとうございます。

送金送金

コメント

コメントを残す

タグクラウド

2年縛り Amazon Android BESS Bluetooth CF-B5 CF-R2 CF-R4 CF-RZ4 CF-SV8 DIY iPhone LTE Movable Type Nintendo Switch NuAns NEO Reloaded SNS SSD USB PD Webサイト Webブラウザー Windows 10 Windows XP カメラ カーナビ クルマ ショップ ステップワゴンスパーダ スマートフォン バージョンアップ ブログ マラソン レッツノート ログハウス 中日ドラゴンズ 伊豆 倉庫 健康 写真 合唱 塗装 家族 携帯電話 旅行 日本プロ野球 映画 暮らし 東京 槇原敬之 浜松 無線LAN 省電力 自作PC 芝生 薪ストーブ 薪割り 記念日 野球 音楽 食べる