「土地」タグアーカイブ

お隣さん、始動

我が家の南隣は、現在のところ空き地になっています。ここは、妻の店のオープニングイベントのときには駐車場に貸していただいたこともあるわけですが、市街地縁辺集落制度の制約の関係で、我が家が建ってから1年間は家が建つことはない…と聞いていました。
隣の土地にパワーショベルが
そんな隣の土地に、数日前にパワーショベルが1台やって来ました。西側の土地を深く掘り下げて、どうやらここに擁壁を作るようです。我が家の建築が始まったときの土地造成と全く同じ。いよいよ、いよいよ家造りに向けての作業が始まるようです。
ここにどんな家が建つのかが、我が家の住環境にも大きな影響を与えます。非常に気になるところなんですが、現在作業に来ている人たちは、どんな家が建つのかは聞いていないようです。いずれは建築のプロセスで明らかになっていくわけですが…とにかく、非常に気になります。

風を止めなくちゃ

デッキ用の大型テーブル先日、デッキにテーブルを作ってまで準備した、お義父さんの誕生日バーベキューパーティー。今日開催予定だったんですが、風があまりにも強すぎて屋外でやるのは危険…ということで、家の中での焼き肉パーティーになりました。

以前から、ことあるごとに我が家の庭に吹き荒れる強風のことは話題にしているところ。適度に風が吹き抜けてくれるだけなら、夏場も涼しくてありがたいんですが、我が家の風の強さは、年間を通じて度を超しています。このままでは、庭でいろいろ遊ぼうにも、すべて風に邪魔されてしまいます。薪割りもまともに行えず準備したデッキシェードも怖くてまだ張れず、バーベキュー大会なんて夢のまた夢です。

それでも、自分で選んで買ってしまった土地と家ですから、何とかして局面を打開しなくてはなりません。風除けのために衝立でも建てるしかないと思うんですが、生半可な強度では、あっという間に倒壊してしまうことでしょう。どうしたものか…何としても対策を見つけ出して、我が家での生活を少しでも彩りある楽しいものにしていきたいものです。

不動産取得税も返ってくる

確定申告で、昨年1年間給料から天引きされていた所得税が戻ってきます。そして、私にはもう一つ、手続きをすることで還付されることがわかっている税金がありました。土地の取得にかかる不動産取得税です。

不動産取得税は、その名の通り土地や家屋を取得したときに1度だけ課税される都道府県税です。現在は、住宅用の場合、取得した不動産の(購入価格ではなく)一般的な価値である課税標準額を基準に、その額の3%が課せられることになっています。ただし、宅地の場合には特例として課税標準額が2分の1相当で評価されます。また、住宅用の土地や家屋で特定の条件を満たすと、さらに軽減措置があります。

しかし、我が家の場合は建物の登記が年明けにまでずれ込んだため、登記簿上では昨年末の状態で私が取得したことになっているのは土地だけ…という状態になり、軽減措置は適用されずに土地のみの不動産取得税が課税されました。こんな場合には、とりあえずは指示された額を納めておきます。後から建物が建った時点で申し出ると、遡って軽減措置が適用され、支払った税金の一部が還付されます。

続きを読む 不動産取得税も返ってくる

一生をかけて

土地代金の決済が済みました。契約のとき以来半年ぶりに、不動産会社の皆さんや売主さんたちと顔を合わせ、土地代金や仲介料などを支払い、領収書をいただいてきました。また、司法書士のM先生も同席されて、所有権移転登記および抵当権の設定について、委任状に印鑑を押して、手数料等をお支払いしました。

M先生はその日のうちに法務局に足を運んで、登記の手続をされるとのことでした。来週の頭くらいまでには手続は終了し、私のところには土地の権利書が届くのだそうです。これでようやく公的にも「私の土地」ということになります。

BESS浜松のKさんからは、「ついに地主さんになる時がまいりました」「おめでとうございます」とメールをいただきました。確かにその通りで、家造りの中では大きな一歩。嬉しいのは私も同じはずなんですが、実は決済が終わった後に考えていたのは全く別のことでした。

続きを読む 一生をかけて

連動する一歩

行政書士のO先生から電話がありました。先月提出してあった、農地転用と市街地縁辺集落に係る建築許可の申請について、今日無事に許可が下りたとのことでした。役所との手続関係で引っかかることはあまり想定していませんでしたが、それでもまた一歩無事に進めたわけで、ほっとしています。
二つの許可文書は、どちらもコピーが私の手元に届く予定です。原本の方はというと、農地転用許可は土地の所有権移転登記のために司法書士のM先生のところに送られます。そして、建築許可はBESS浜松に送られて、こちらは建築確認申請の書類として添付されます。次々に連動していく手続に合わせて、無駄な動きのないように手配していただいています。住宅エコポイントのこともありますし、ここは迅速な動きが求められます。
我が家の建築のために、多くの人たちに動いていただいていることを日々実感しています。私の方もただ待っているわけではなく、近々金融機関との間で住宅ローンの融資契約を結ぶことになっています。地鎮祭の日取りも決まり、7月はいよいよダイナミックな動きを見ることが出来そうですね。ドキドキ、ワクワクしています。

来月には着工

今日は、BESS浜松展示場で、家造りに向けての打ち合わせを行いました。展示場には遊びに行ったりもしましたが、こうしてきちんとした形で打ち合わせの場を持ったのは4月21日以来。ほぼ2ヶ月ぶりということになります。もっとも、打ち合わせこそなかったものの、この間いろいろと作業は進行していたわけですが。

続きを読む 来月には着工

農地法第5条、都市計画法第43条

我が家に、行政書士のOさんが訪れました。BESS浜松のKさんのご紹介で、今回我が家の土地に関する諸手続を代わりに行っていただきます。
Oさんに作っていただいた書類を確認して印鑑を押すのが、今回の主な仕事。しかし、印鑑を押す場所だけでも結構たくさんあるものですね。ただでさえ種類が多い上に、同じものを複数部作る必要があったりして、どうしても紙の枚数が増えていってしまいます。
押印した後で、事前に依頼を受けていた住民票などの書類を渡して、今回の用件は終了となりました。あとは、ようやく確定した平面図など添付書類の体裁を整えていただき、申請書として提出していただくことになります。

続きを読む 農地法第5条、都市計画法第43条

2夜連続バーベキュー大会

大型連休も今日でおしまい。9連休の人もいらっしゃったと思いますが、どんな風に過ごしましたか?。私の仕事はカレンダー通りに休日が来るので、前半3連休+後半4連休。あまり大がかりな旅行などは組めないんですが、それでも結構盛りだくさんで楽しめたのかな?と思っています。

2週連続で開かれたBESS浜松の住宅完成見学会も楽しかったんですが、今年一番特筆するべきなのは、2夜連続のバーベキュー大会でしょうか。

続きを読む 2夜連続バーベキュー大会

広さを実感

しばらくぶりに、我が家が立つ予定の土地を見に行ってきました。春になって、下草が青々と生い茂っていました。敷地に立っている木も、新芽が吹いて元気いっぱいの様子。夏はもっと生長して、大変なことになるのでしょうね。もちろん、その頃には我が家の建築工事が始まって、地面を掘り返して作業が行われることになるのでしょうけど。
今回足を運んだ目的は、ようやく確定した土地の境界を確認すること。境界には、杭や金属製の表示板などで目印がつけられています。これまで何となくイメージしていた境界よりも、土地がちょっと広くなったような印象を受けました。これなら、庭の広さもそこそこに確保できそうです。
庭には芝生を張ったり、木を植えたりしたいと思っていますが、何の木を植えようか?という話になりました。ハナミズキが良いな…と思ったりするのは、この時期だからなんでしょうね。花木はどうしても綺麗な時期が限られます。早春ならやっぱりサクラ。冬はモクレンなんかも良さそうな気がします。秋はモミジがあると楽しそうです。しかし、全部植えられるほどの土地はさすがにありません。光源氏のように四季の庭を造ってしまうわけにはいかなさそうです。さて、どうするか…まだ先の話ですし、じっくり考えましょう。

ちゃんと進んでいます

昨日は、ちょっと久しぶりにBESS浜松展示場に足を運びました。先日もお話ししたとおり、家造りに向けての打ち合わせも最近はほとんど無かったんですが、今回は書類の記載や提出等が必要になったため、伺うことになりました。済ませようとすれば郵送でも済むのかも知れないんですが、展示場に行かない日々が続くのも何だか寂しい…というのが本音だったりします。
先月下旬から今月にかけては、簡単な確認事項が二つ三つ程度メールで行き交ったくらいで、ほとんど連絡らしい連絡すらしていなかったんですが、かといって家造りに向けての作業が停滞しているわけでは無く、この間にもいろいろな面で進展がありました。このあたりの報告を伺うのも、大事な目的の一つでした。

続きを読む ちゃんと進んでいます