「通勤」タグアーカイブ

TicWatch Proの充電器

TicWatch Proのシステムアップデートをインストールしています

先日、私が使っているスマートウォッチ・TicWatch Proにシステムアップデートが配信されました。Wear OSデバイスは、気がつくとアップデートされている…ということが多く、タイミングがどうもわかりにくいですね。

続きを読む TicWatch Proの充電器

CF-SV8と出かける

新しいレッツノート・CF-SV8が我が家にやって来てから10日ほどが過ぎました。「持ち運んでこそのレッツノート」だと思っているので、平日は毎日通勤鞄の中に入れて、職場まで徒歩+電車で往復しています。

続きを読む CF-SV8と出かける

新幹線もタッチ&ゴー

先週・今週の2週間で、東京に行かなくてはならない用件が3度もありました。しかも、これが計ったように2日おきの日程で、現地に泊まるなどすることはなく、毎回自宅のある浜松の片田舎から出かけては戻る…ということになりました。昨年4月から転勤で職場が近くなり、通勤では新幹線に乗らなくなりましたが、一方で新幹線を使って出張する機会はずいぶん増えた気がします。

新幹線通勤の頃は定期券を購入していたので、首都圏方面への出張などでは、静岡まではこの定期券で移動し、その先はきっぷを購入…ということになっていました。定期券の分だけ交通費が安上がりになるので、出張の交通費を支払う職場からしても、実際に乗る私からしても、当然これしか選択肢はないんですが、そのせいで、これまで気になっていたものの利用する気になれなかったサービスがありました。 続きを読む 新幹線もタッチ&ゴー

無音の質

先日購入した、Xperia Z4でも利用可能なハイレゾ対応ノイズキャンセリング機能付きヘッドセット・MDR-NC750。毎日通勤中に取り出して、主に音楽を聴くのに使ってみています。

先日ご紹介したとおり、Xperia Z4のノイズキャンセリング機能では、ノイズ環境設定を「電車・バス」「航空機」「室内」の3種類から選択することが出来ます。設定を切り替えながら、音楽の背景に流れる「無音」に集中してみると、意外に違いが聞き分けられることに気付きます。 続きを読む 無音の質

1年も経たずに (2)

1年も経たずに (1)」という記事を投稿したばかりなんですが、(1)があるからには、当然(2)もあるわけでして(苦笑)。実は、昨年の夏に買ったモノで、すぐに壊れてしまったものがもうひとつあります。

メインルームのジッパーが破損

それは、7月に購入した通勤用のバッグ。メインルームのジッパーが、肩紐に近い角のあたりで破れてしまい、うまく閉められない状態になってしまいました。こちらはスマホのバンパーよりもずっと前、今年の1月中旬には破れていました。1年も経たないどころか、半年そこそこしか持たなかったことになります。 続きを読む 1年も経たずに (2)

帽子を被る

今年の8月で、結婚してからちょうど10年になります。記念で何かしておきたいところなんですが、妻からは「北海道に行きたい」とリクエストが出ています。諸般の事情で結局新婚旅行には行けていない私たち。旅行というプランは、私としても実現するのにやぶさかではありません。

娘の分も含めて、それなりに旅費を準備しなくてはならないのは当然なんですが、それ以上に問題なのは、妻が飛行機に乗りたがらないこと。今年の夏なら移動手段に北海道新幹線も使えるようになりますが、それでも飛行機と比べると段違いに時間とおカネが掛かります。

ミレニアム北海道ツアーのときのように、片道二晩かけて船に車ごと乗って行く手もあります。これなら費用面はまあまあリーズナブルで、北海道でも余裕たっぷりのデリカD:5に乗れる利点はあるんですが、往復で4日かかるわけで、さすがにそれだけ長期休暇が取れるかどうか不安です。まあ、いろんな選択肢、いろんな可能性を考えてみましょう。

続きを読む 帽子を被る

新しい通勤バッグ

7月になりました。私のところにも、昨年の夏よりはちょっとだけ多いボーナスが入ってきました。とりあえずは政策主導で賃金は上昇していますが、景気が本当に回復しているとはとても思えません。もちろん、そんな中で、ボーナスをいただけるだけでも感謝しなくてはならないのですが。

この夏はクルマの車検もありますし、我が家としての大きな買い物はとても無理。しかし、私自身もお小遣いのボーナスをもらいました(毎月のお小遣い×ボーナスの支給月数をもらえるルールになっています)から、これを使って何を買おうか、いろいろと考えています。普段の小遣いでは食べていくのに精一杯で、自分の欲しいものなんてなかなか買えませんからね。ワクワクします。

続きを読む 新しい通勤バッグ

CF-RZ4と通います。

CF-RZ4を鞄に入れて新しいレッツノート・CF-RZ4。我が家に届いた翌日から、早速鞄の中に入れて、職場まで通っています。

以前貸していただいたCF-MX3の場合は、A4クリアファイルがぴったり収まる鞄に何とかねじ込むことができる…というレベルでしたが、CF-MX3より二回りくらい小さなCF-RZ4なら、同じ鞄に楽々入ります。その気になれば、縦向きに突っ込むことも可能です。

新幹線の座席テーブルに余裕で載ります通勤の新幹線でも、座席テーブルの上に余裕を持って置くことができます。前の座席が少々深く倒されても、まだ大丈夫です。少々窮屈だったCF-MX3との奥行きの差は3cmくらいなんですが、その差が決定的に効いているポイントかも知れません。

片手で支えられるWindowsタブレットです一方で、Windowsタブレットとしても、片手で十分支えられる軽さで、これなら使ってみようかな?という気にさせます。もっとも、さすがに満員の通勤電車の中では吊革につかまって立たなくてはならないので、タブレットを操作するのは無理そうですけどね。あと、鞄にしまっておくとしても、タブレット形態の時にはレッツノート基準の100kgf加圧振動試験は適用外なので要注意です。

続きを読む CF-RZ4と通います。

夢の2週間

レッツノート・CF-MX3レッツノートMX3シリーズお試しキャンペーン」に当選して、2週間限定でお借りしていたレッツノート・CF-MX3。レンタル期間は今日・3月9日まで…ということで、ついにお別れの日となりました。

この2週間は、基本的にパソコンでの作業はほとんどをCF-MX3で行っていただけでなく、ほとんどの外出先に持ち出して、徹底的に使い込みました。皆さんにも是非お伝えしたいことがたくさんあって、実に11回もSSK Worldに記事を投稿しています。もちろん、本体が届いてからは、記事のテキスト入力から画像の編集まで、全てCF-MX3で作業しました。

  1. 2週間限定、「暮らし」復活
  2. CF-MX3が届きました。
  3. クラウド時代の環境移行
  4. 2in1の勘どころ
  5. CF-MX3と通います。
  6. 通勤中にビデオ鑑賞
  7. スタイラスペンの使い道
  8. CF-MX3と働きました。
  9. WiMAXの守備範囲
  10. アプリか、サイトか
  11. ひとつのドライブ、ひとつのノート

私にとっては、実質的に5年ぶりくらいのレッツノートを本格的に持ち歩く機会だっただけでなく、タッチパネルのある環境でWindows 8.1を使うことも、常時接続でモバイル利用できるWindows環境も初めての経験でしたから、感動するポイントは多かったんですね。そのせいか、CF-MX3のハードウェアそのものの魅力と、Windows 8.1やそれを取り巻く環境のおもしろさを、ちゃんと整理して、切り分けてお伝えできていなかったのは反省点です。

ただ、言い訳のようになってしまいますが、「CF-MX3のある暮らし」がこれだけ楽しめてしまうのは、ソフトウェア側の環境が整ってきたという面が大きいと思います。特に、モバイルでも常時接続を前提にできるようになり、ネットワークの向こう側の資源を活用する度合いが高まってきたことで、今までとは別次元の世界がやって来ました。

もちろん、ソフトウェアはWindows、iOS、AndroidなどOSが決まれば、あとは工夫しようにも限度があるわけで、実際にメーカーごとの違いが色濃く出せるのはやっぱりハードウェア。そして、昔から「モノ」としての強烈な個性を見せつけ続けていたのがレッツノートシリーズです。重量や耐衝撃性能まで含めたスペックはもちろんのこと、手で触れたときの独特の質感は昔から変わりませんね。筐体に使われている素材は、ずいぶんいろいろと変遷しているようなんですが。

続きを読む 夢の2週間

WiMAXの守備範囲

先日から何度か話題にしていますが、CF-MX3に限らず、最近のレッツノートに標準で搭載されているのが、モバイルWiMAXによる無線通信機能。もともとは、郊外地域でブロードバンド環境を実現するために、各家庭までの残り数kmを接続する「無線ブロードバンド」として策定されたのがWiMAX規格で、これに移動体通信を実現するハンドオーバー機能を追加したものがモバイルWiMAXだそうです。

日本では、2.5GHz帯の周波数域を使い、UQコミュニケーションズが「UQ WiMAX」として2009年からモバイルWiMAXのサービスを提供しています。サービス開始当初から、高速な常時接続のモバイル通信サービスとして私も注目してきましたが、実際に利用するのは今回が初めてになります。

続きを読む WiMAXの守備範囲