松坂大輔がドラゴンズに

私の好きなもののひとつに野球があります。プレーはとてつもなく下手くそですが、プロ野球の観戦は大好きですし、PCやスマホの野球ゲームでも結構遊んできました。日本プロ野球で贔屓のチームは中日ドラゴンズ…というわけなんですが、ここ数年、SSK Worldの場でその話題に触れた覚えがありません。

というのも、どうにも成績がパッとしなかったんですよね。2013年以来5年連続でBクラス。それ以前はリーグ優勝に絡み続ける強い時代もあったのですが、今やすっかりどん底状態です。昨年は京田陽太選手がチームでは今世紀初となる新人王を獲得する…という明るいニュースもあったものの、ペナントレースは5位。弱いから応援しないということでは決してありませんが、やっぱり勝負の世界ですから、試合では勝ってほしいものです。

そんなドラゴンズが、2018年になってからメディアで見かける機会をにわかに増やしています。すっかり地味なイメージが定着していた気がしますが、何があったのでしょうか? 続きを読む “松坂大輔がドラゴンズに”

ブレない軸

8月もど真ん中。巷では、お盆休みのまっただ中…という方が多いのではないかと思います。遠出をしている方も多いのでしょうけど、我が家では、地元の夏祭りがこの時期に開催されることもあり、今年も自宅とその周辺で過ごしています。

子育て世代の父母が中心になって運営される夏祭り。自分自身も準備から片付けまで4日間はほぼ拘束される状態になってしまいますが、もともと縁もゆかりもないこの地域の皆さんとつながれる貴重な機会です。そもそも、イベントの運営側に回って裏側を覗くことは、嫌いじゃありませんし(笑)。 続きを読む “ブレない軸”

とことん二刀流

7月15日・16日の2日間、日本プロ野球のオールスターゲームが開催されました。私は、残念ながらテレビ中継をちらちらと見る程度しか出来なかったんですが、今年も選手たちの高いレベルのぶつかり合いを十分楽しめたのではないかな?と思います。

北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平選手の活躍が際立っていましたね。彼は、第1戦ではホームランダービーに出場して優勝。第2戦では球宴初ホームランを含む3安打2打点の活躍を見せて、最優秀選手(いわゆるMVP)に選出されました。 続きを読む “とことん二刀流”

世界イチのヒットメーカー

アメリカ・メジャーリーグで、今シーズン最も注目を集めていた話題のひとつが、マイアミマーリンズのイチロー選手が、通算3,000本安打を達成できるかどうかでした。

彼は、ニューヨークヤンキースに移籍してから後は、スタメン出場する機会が減ってきて、以前ほどハイペースで安打を積み重ねるのが難しくなっていました。しかし、アメリカの野球殿堂入りの目安のひとつとなる記録でもあり、押さえておきたいマイルストーンではあります。

しかし、3,000本安打を達成する前に、クリアされていくはずのちょっとややこしい節目がありました。彼が日本プロ野球で積み重ねた安打数は1,278。これに2,978を加えると、メジャーリーグでの通算安打数記録である4,256安打に並びます。日米通算での参考記録ではあるものの、イチローはこの記録に並び、抜き去っていくことになります。 続きを読む “世界イチのヒットメーカー”

オヤジたちが去っていく

日本プロ野球はペナントレースが終了し、クライマックスシリーズが始まっています。私は野球を見るのも結構好きなんですが、気がつけばSSK Worldでは野球の話題を取り上げることがめっきり減りました。

理由は、ひとえに中日ドラゴンズが近年低迷していることに尽きるかと思います。気がつけば3年連続のBクラス。発表されたときは「予想の斜め上を行く」と評して期待していた落合-谷繁体制でしたが、残念ながら今のところ成果は上がっていない…と言わざるを得ません。

続きを読む “オヤジたちが去っていく”

早速オレ流全開

日本シリーズが終わり、一応今季の日本プロ野球の日程は終了ということになりました。しかし、全ての選手にシーズンオフがやってきたわけではありません。台湾では、8日から今日まで「侍ジャパンの国際強化試合」なるものが行われています。

「侍ジャパン」とは国際試合に出場する野球の日本代表チーム全てを指す言葉だそうで、その中で、プロが戦う野球の国際大会・WBCに出場するのが、現役プロたちで構成されたトップチームということになります。大会直前にチームを編成するのではなく、サッカーの日本代表と同じように組織として常設し、継続して強化を図っていく…という目論見らしいですね。

そもそも、オリンピックの競技種目から外されたように、野球というスポーツのグローバル性にはかなり疑問はあるわけですが、それはともかくとして、本気で国際大会で勝ちに行こうとするのならば、従来の体制よりも良いとは思います。ただ、心配なのは選手たちが本来休息できる時期にまでフル回転することで身体を痛めてしまわないか…ですが。

続きを読む “早速オレ流全開”