手に負えなくなる前に (2)

手に負えなくなる前に (2)

先週末に続いて、庭木の剪定。次のターゲットは、母屋西側に植えたユーカリです。先週も紹介したとおり、こちらも相当大きくなっていて、このまま放っておけば、個人の庭仕事レベルでは太刀打ちできなくなりかねません。…いや、支柱が曲がってしまうくらいなのだから、既に手に負えなくなっているのか。

続きを読む “手に負えなくなる前に (2)”
BS 4Kは細かいだけじゃない

BS 4Kは細かいだけじゃない

今年のNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」は、 諸般の事情で放送開始が少し遅れることになったわけですが、 先週の日曜日・1月19日から放送が始まっています。戦国時代の武将たちの中では悪役のイメージがすっかり根付いている明智光秀を、あえて主役に据える…というこの作品。どんな展開になるのか興味津々で、とりあえず見てみようとは思っていました。

続きを読む “BS 4Kは細かいだけじゃない”
標準規格は偉大だ。

標準規格は偉大だ。

新しいブルーレイレコーダー・BDZ-FBW1000リビングのテレビに接続し、番組の録画を始めています。録った番組は、もちろんそのままリビングで観ることもあるわけですが、我が家ではそれだけでは十分ではありません。

以前から、録画した番組の中で、アーカイブとして後々まで保存しておきたいものは、NASに転送しています。また、レコーダーに録った番組は、2階の寝室にあるテレビからもネットワーク経由で観ています。これらのことが従来どおりに、BDZ-FBW1000でも行えるかどうか?が問題になります。


続きを読む “標準規格は偉大だ。”
ブルーレイレコーダーも4K対応に

ブルーレイレコーダーも4K対応に

2020年が始まって1週間ほど経ったわけですが、SSK Worldでは年初からいきなりの大事件が発生。ドタバタと対応に追われました。

そもそもの始まりは、仕事の年末年始休暇も終わりに近づいてきた1月5日。我が家のリビングで使っているブルーレイレコーダー・DIGA DMR-BWT550が、これまでにない異音を発するようになりました。年末年始は、テレビでは大型特番が目白押し。毎年、ブルーレイレコーダーはフル回転で録画・再生を続けることになります。そろそろアブナイな…とは思っていたのですが、今回の酷使がとどめを刺してしまったのでしょうか。

続きを読む “ブルーレイレコーダーも4K対応に”
中途半端な誘導

中途半端な誘導

2020年になりました。とはいえ、私の周りで何かが新しくなったわけでもなく、相変わらず問題は山積みだったりするわけですが、待っていてどうにかなるわけでもありません。ひとつずつでも、できることを片付けていかなくては。

…と、それはともかくとして。

昨年の(と言ってもつい一昨日の話なのですが)NHK紅白歌合戦は、新しいリビングのテレビから、BS 4K放送で観ていました。4Kらしさを感じられる番組がなかなか出てこない中で、NHK謹製の看板コンテンツならきっと満足できるはず…と思ったわけですが、これがそうでもなかったりします。

続きを読む “中途半端な誘導”
ディーガにもリンクする

ディーガにもリンクする

8月末に、我が家のリビングのテレビは新しくなったのですが、その後庭の倉庫づくりにかまけていたりして、全然レポートができていませんでした。もちろん、大幅に大型化した画面で、しかも真ん中に妙なラインなんて入らない画が楽しめる生活を、日々満喫しております。

BS/CS 4K放送チューナーを内蔵しているのが売りの一つで、もちろんキレイな画面は実感しているのですが、もう半年近く経つのに、このチューナーで受信して視聴したものと言えば、ラグビーワールドカップ即位礼正殿の儀の中継くらい。BSデジタル放送が始まったときもそうでしたが、NHKの番組のクオリティと比べると、民放が全然追いついていません。まあ、時間が解決していく面もあるでしょうし、4Kのコンテンツは他にもいろいろありますし。

…というのはともかく、テレビを新調したときに気になっていたポイントの一つが、周りの機器たちとウマくやっていけるだろうか?ということでした。


続きを読む “ディーガにもリンクする”

4Kテレビがやって来た

中心部分を縦線が貫くリビングのテレビ・TH-42PZ800

昨年末に4Kテレビの話題に触れたときに、我が家のリビングのテレビが、数年前から中心部分がまともに映らない状態であることをバラしてしまったわけですが、さすがにこのままの状態でいつまでもいるわけにもいかず、ついに入れ替えることにしました。消費税も10月から上がりますしね。

続きを読む “4Kテレビがやって来た”

4Kテレビを考える

今年も残すところあと1週間と少々を残すばかりとなりました。この時期になると、「今年最後の○○」というフレーズを聴くことが増えてくるわけですが、今年に限っては、「平成最後の○○」という言い回しがやけに耳に付きます。来年の5月から新元号に代わることが予定されている中で、インパクトのあるキーワードではあるかも知れませんが、さすがに少々聞き飽きてきましたね。

…というのはともかく、平成30年たる2018年が終わるのを前にして始まった新しいサービスが、最近非常に気になっています。BS 4K/8Kの本放送が、12月1日から始まりました。

続きを読む “4Kテレビを考える”