またしても電源が(涙)

梅雨も明けて猛暑が続くある日のこと、仕事中の私のところに妻の紫緒から携帯電話のメールが届きました。タイトルは「私のパソコン」。電源スイッチを押して起動しても、「カチンカチンと音がしてすぐ止まってしまう」と書かれていました。もちろん、これではまともに使えません。

ともかく、さらに症状を聞いてみました。電源スイッチが反応しなかったり、電源が入ってもすぐにその音がしてシャットダウンしてしまったり…という状態のようです。音はある程度の間隔を置いて聞こえているのだとか。また、起動時の画面もいつもと何だか違う、という話もありました。

パソコン整備士の端くれとしては、電話やメールだけである程度症状をつかむのは重要なスキルだと思うのですが、仕事中にそれに集中してしまうのも大問題です。ともかく、帰りの電車の中でちょっと原因を考えてみました。

もちろん、最大のポイントは発生している音なんですが、パソコン本体から聞こえてくる「カチンカチン」はそれほど多くありません。さしあたり思い当たるのは、ハードディスクが機械として壊れてしまったときのあの嫌な音、あとは電源系統でリレーの動作する音くらいです。

紫緒の使っているパソコンは、かつて私のパーツのお下がりで組み立てたPentium 4機。万が一この音の発生源がマザーボードの電源ブロックだったりしたら、今さら置き換えられるパーツも売っていませんし、総取っ替えするしかなくなってしまいます。そうなったら、エアコンを買ったばかりで、さらに今出費するのはちょっとキツいなぁ…と思いつつ、電車に揺られていました。

続きを読む “またしても電源が(涙)”