浜松の星

先週木曜日・10月24日に、日本プロ野球のドラフト会議が開催されました。近年は、日本シリーズの直前に行われるのが恒例になっていますね。

今年もいろんなドラマが繰り広げられたわけですが、なんと言っても私にとって今年最大の話題は、中日ドラゴンズが1位指名した鈴木翔太選手のこと。彼が通っている聖隷クリストファー高校は浜松市北区にありますが、それだけではなく、彼は小学校も中学校も浜松市浜北区内…という、生粋の浜松市出身です。

ドラゴンズは、谷繁元信監督・落合博満GMの体制で臨む初めてのドラフト会議。落合GMは、監督時代にはドラフト会議直前に指名選手を変更するよう要求したことが何度もあったと聞いています。今回そんな「ちゃぶ台返し」があったのかは定かではありませんが、あの人の眼鏡にかなったというのは大変なことだと思います。谷繁監督の「早く彼の球を受けてみたい」というコメントが良かったですね。いかにも選手兼任監督らしいメッセージです。

地元からこれだけ注目される選手が登場したのは嬉しいですね。あとは、プロの世界でさらに羽ばたいてくれることを祈るばかりです。彼のように「将来のエース候補」と呼ばれた選手は数多くいますが、誰もがエースになれたわけではありません。大事なのはこれからです。

コメントを残す