佐鳴湖に帰ってきた

日曜日・27日は、佐鳴湖国際駅伝に出場してきました。佐鳴湖はワタシの駅伝デビューの地であるわけですが、去年は残念ながらカラダを壊してしまい参加できず、それでもなんとか応援に出かけました。行って帰ってくるだけでも、猛烈に全身が疲労したのをよく覚えています。

あれから1年。半年前のガーデンパーク駅伝で無事駅伝への復帰を果たし、今回も走る気満々でカラダ作りに励んでいました。途中で腰を痛めてしまったりしてちょっと大変でしたが、当日までには何とか持ち分の3kmは走りきれるくらいになりました。


今回も、もちろん高校の同窓生連合のチームでの参戦になるわけですが、このチームの皆さん、「楽しく走ろう」ということで、実際に順番待ちのときもにこやかな方ばかりなんですが、実際に自分の走る番が来ると、とんでもないハイスピードで走る方が多くてビックリします。今回、私はほぼ1km5分ちょうどのペースで走りきることができましたが、もしかすると14人のメンバー中では私がいちばん遅かったかも知れません。

メンバーの中には、フルマラソンを3時間そこそこで走りきってしまう方や、さらに長い100kmマラソンへの出場歴がある方もいたりして、そんな中に最長でも10kmしか走ったことがないような自分がいるのは場違いではないのか?と思うこともあります。それでも、そんな自分を温かく迎え入れていただけるのはありがたいことです。

あまり無理をしすぎてカラダを壊してしまっては元も子もありませんが、このメンバーの中で走っても恥ずかしくないくらいに、もう少しレベルアップしなくては…と思っています。日々精進あるのみ!ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です