レッツノート・CF-SV8のバッテリーがほとんど劣化していない…と書いたところなのですが、改めて考えてみると、画面の表示を見ているだけでは正確さに欠けるのではないか?と思い、一つ作業をしてみることにしました。バッテリー残量表示の補正です。

バッテリー残量表示補正を実行します

Panasonic PC設定ユーティリティの「サポート」タブから、「バッテリー残量表示補正」を実行します。Windowsは一旦終了され、ファームウェアレベルでバッテリーの充電→放電が行われ、バッテリーの正確な容量が再評価されます。

結果によっては、ついさっき書いた記事が大嘘になりかねないところ。ドキドキしながら結果を確認してみたところ…↓

満充電容量は少し減ってしまいましたが…

案の定、満充電容量は39,880mAhに減ってしまいました。それでも、本来のスペックの93.9%ということですから、「劣化が少ない」という評価は変更する必要がなさそうです。

とはいえ、6%減ると、1時間近く動作時間が短くなる場合もあり得ますから、劣化が体感できてもおかしくはありません。状況は定期的に確認しながら使っていきましょう。劣化が実用上問題になるレベルになれば、新しいバッテリーに買い換えるだけで済んでしまうのが、レッツノートのありがたいポイントの一つですし。

コメントを残す