上下でつながった

上下でつながった

新型コロナウイルス対策で、「不要不急の外出は避けるように」と言われます。週末の休暇を楽しみにしている皆さんの中には、出掛けられずにストレスが溜まってしまう方も多いのではないかと思いますが、幸い私の場合は家に居ながらにしてできること、やるべきことがいろいろ山積みで、暇にはなりません。

家でできる道楽の中でいちばん大がかりなのが、倉庫や薪小屋の建築工事。もっとも、これは単に楽しむだけではなくて、作ったモノが生活の役に立たなくてはならないので、それなりのプレッシャーも伴うわけですが、その重圧もまた楽しみの一部ではあります。

この週末は、先週末に続いて、薪小屋新1号館関係の工事を進めました。先週は脚立を置くための床を作りました。次はこのスペースの屋根づくりです。土曜日は激しい雨で、日曜日になっても強風は収まらず、作業は日曜午後の少しの時間だけでしたが、やりたかった作業は何とか片付けました。

続きを読む “上下でつながった”
上がれる階段に

上がれる階段に

日曜日に今年一年を総括してしまいましたが、倉庫づくりの作業は、実はこれからの年末年始が頑張りどころだったりします。基本的に「(おカネをもらう仕事の)休業日のみ営業」が、SSK工務店のスタイルですからね。これだけまとまって休みがあるのは貴重です。

特に、今年は曜日の関係で9連休になっています。この時期特有の諸々の雑事は当然私にも振られてくるのでドタバタするのですが、そんな中でも、少しでも先に進んでおきたいところです。

続きを読む “上がれる階段に”

野望への階段

階段の外側の壁は張り終わりました…が

我が家の新倉庫づくり、階段の外側の壁は張り終わりましたが、ここでどうしてもやっておかなくてはならないことがあります。階段に、踏み板を取り付ける作業です。

現在の階段部分は、2×4材の枠組の間に構造用合板を渡し、その上にアスファルトのルーフィングを被せた状態になっています。既に、実際にこの「階段状の壁」を使って屋根まで上がることもできるのですが、上り下りしてみると微妙にたわむのがわかり、実用にはちょっと不安があります。

この階段は単なる倉庫の飾りではなく、屋根の上に載せるデッキへのアクセスになる、重要な「野望への階段」。 やっぱり、しっかりした厚板の踏み板を付けたいところです。

続きを読む “野望への階段”

ようやく壁になった

このところ週末のたびに取り組んでいる、我が家の新しい倉庫づくりのお話。先週末に全体が傾いていたのを直しておいたわけですが、その後1週間、ふたたび傾きが増すようなことはなく、どうやら落ち着いてくれたようです。

というわけで、この週末は作業の続きにとりかかりました。お盆前の週末は壁枠と屋根枠を組み立て、建物の形が立ち上げてあったところでした。次は壁枠に合板を張っていく作業に入ります。

続きを読む “ようやく壁になった”