「パナソニックストア」タグアーカイブ

良かった、んだろうなぁ。

レッツノートの2019年夏モデルが発表されました。4機種構成のラインナップは、新筐体が投入されることはなくそのまま維持。今回のスペック上の刷新ポイントとしては、いちばん大きな画面のCF-LV8が、CF-SV8と同じWhiskey Lake搭載、モダンスタンバイ対応の最新仕様に揃えられた点が挙げられるでしょうか。

続きを読む 良かった、んだろうなぁ。

太っ腹なご褒美

3月に、パナソニックストアで「カスタマイズレッツノート レビューキャンペーン」というのが開催されていました。ストア内でマイページにログインすると、購入履歴から購入した商品のレビューを投稿できるのですが、ここにカスタマイズレッツノート2019年春モデルのレビューを投稿し、Webサイトに掲載された中から抽選でプレゼントがいただける…というものです。

2019年春モデルのど真ん中・CF-SV8を購入している私には、もちろんこのキャンペーンへの応募資格があります。せっかくなので、レビューを投稿してみました。レッツノートクオリティの数々は紹介した上で、光学ディスクドライブのイジェクトボタンの件にもしっかり触れておきました。

続きを読む 太っ腹なご褒美

CF-SV8の購入特典が届きました。

CF-SV8の購入特典が届きました

レッツノート・CF-SV8パナソニックストアでの購入特典としていただけることになっていたアイテム類が届きました。「3月中旬頃」と聞いていたのがなかなか届かず、ちょっと心配していたのですが、無事手元に届いてホッとしています。

続きを読む CF-SV8の購入特典が届きました。

CF-SV8が届きました。

私の新しいレッツノート・CF-SV8は、注文したときの予定どおり金曜日・2月8日にパナソニックの神戸工場から出荷され、翌9日には我が家に届きました。この日の私はまる一日出掛けなくてはならず、店の営業中の妻に受け取ってもらい、夕方に帰宅したときにちょっと箱を開けてみて、そのまま夜は飲み会に出掛ける…という、なかなかのハードスケジュールとなりました。

続きを読む CF-SV8が届きました。

お礼に伺いました。

先日、レッツノート・CF-SV8をパナソニックストアで注文し、現在は我が家に届くのを待っているところです。注文そのものは自宅で行ったのですが、ビックカメラ有楽町店でコンシェルジュさんにいただいたアドバイスが、実に参考になりました。あれが無かったら、まだ迷っていたかも。

あれから2週間が経ち、また東京に出張する用件があったので、帰りに有楽町に寄って、お礼のご挨拶をしてくることにしました。もともと、そんなに頻繁に上京するような仕事でもないはずなのですが、ここ数年、妙に機会が増えています。

続きを読む お礼に伺いました。

6代目をポチる

有楽町のビックカメラから帰宅した私。早速、この日のために貯めてある自称「レッツノート貯金」の状況を確認しました。プレミアムエディションではないCF-SV8の最低構成なら、ギリギリ買えそうなくらいは貯まっていたのですが、正直なところそれでは足りません。購入するからには、カスタマイズしたいポイントがいくつかあります。

続きを読む 6代目をポチる

有楽町で決めましょう (2)

有楽町で決めましょう (1)」の続きです。今更言うまでもなく、このタイトルは1957年のフランク永井の名曲「有楽町で逢いましょう」へのオマージュ。大阪の百貨店・そごうが東京進出するときに、CMソングとして作られた曲だそうです。その有楽町そごうが店じまいした後、代わりに読売会館のテナントとして出店したのがビックカメラで…と、こんな話をするたびに妻からは「年齢詐称してない?」とツッコまれます。私だってググって確認しながら書いてるんですけどね。

そのビックカメラ有楽町店の5階、パソコン売り場の一角には、カスタマイズレッツノートの展示コーナーがあります。普通の店舗では見られない、カラー天板などの現物が展示されているほか、専属のコンシェルジュに相談に乗っていただき、その場でカスタマイズレッツノートを注文することもできてしまいます。私は、ココに向かったわけです。

続きを読む 有楽町で決めましょう (2)

8にはなったがRZのまま

本日・1月15日の昼過ぎに、レッツノートの2019年冬春モデルが発表されました。もちろん、そのこと自体は既に織り込み済み。問題はその内容なのですが…。

続きを読む 8にはなったがRZのまま

いつまで待つのか

2019年が始まって、2週間ほどが経ちました。今年は去年から積み残していた課題を片付けていく年だと思っているわけですが、私自身にとって、あるいは我が家にとってどうなのかはともかく、SSK World的にはおそらく最大のポイントになるはずなのが、レッツノート・CF-RZ4の次に手に入れる「モバイル・クリエイティブデバイス」が何になるのか?ということです。

いきなりとんでもない造語をぶっ込んできた感がありますが、この「クリエイティブ」が結構大事。情報を検索・閲覧したり、ゲームをしたり、SNSにちょっと書き込んだりする分には、スマートフォン程度のものがあれば十分用が足りる時代です。CF-RZ4やその次の「何か」に期待するのは、まとまったモノを作り込むのに十分なパフォーマンスとインターフェースを、ストレスなく持ち運べる環境です。

続きを読む いつまで待つのか

待つのか、動くのか

木曜日・9月27日に、レッツノートの2018年秋冬モデルが発表されました。このタイミング自体は全く予想どおり。そして内容の方は、想定のひとつとしては持っていたものであり、驚きはなかったものの、正直なところかなり落胆しているところです。

続きを読む 待つのか、動くのか