3号館、立ち上がる。

先週から、我が家の庭に薪小屋3号館の建築を始めています。…といっても、先週は材料を途中まで切ったところで終わってしまったのですが。今週は、たまたま娘の学校の用事で午後からお休みをいただいた日があったので、帰宅した後の時間をちょっと割いて、続きの作業に取りかかりました。

続きを読む “3号館、立ち上がる。”

6年越しの3号館へ

先週末に続いて、この週末も我が家の台風24号被害の後片付けは進められたのですが、これに加えて、復旧・復興への取組としては、さらに一歩進めたものもあります。

復旧・復興関係は、まずは薪小屋3号館から

今回、台風で倒壊した倉庫の再建(ただ建て直すだけで済まそうとは思っていませんが)に加えて、周りの薪小屋についても建て替え・新増築を行おうとしています。その中で、まずは庭の芝生の南側に新しく「薪小屋3号館」を建てることから始めることにしました。既に2014年からここに薪小屋を建てる構想はありましたが、6年越しでようやく実行に移します。

ちょうど、今は無造作に薪を積み上げてある場所に作るわけですが、これが整然と片付くことで、それに続く数多くの作業のために使える空間が広がってくるはずです。

続きを読む “6年越しの3号館へ”

薪小屋、待ったなし。

土曜日は、薪割り会に行ってきました。今年で4シーズン目になる集まりで、そもそもはBESSの家のオーナーで薪ストーブを導入している人たちで作られたものです、年に数回、丸太からみんなで薪を作って、それぞれの家に持ち帰ります。

午前中は、私も含めてチェーンソーを持っているメンバーが丸太をタンコロに刻みつつ、他のメンバーが並行して動力式の薪割り機と斧で薪に刻んでいきました。予定していた分を刻み終わったら、今度はチェーンソーを斧に持ち替えて、全員でどんどん割っていきます。薪の巨大な山が出来上がりました。

続きを読む “薪小屋、待ったなし。”

薪の大移動

暦は春になりましたが、2月はまだまだ寒い日が続きます。寒い我が家を温めるために最も重要なポイントのひとつが、薪ストーブの燃料である薪を、いかにしてスムーズに我が家に持ち込むかです。

玄関脇の薪棚のストックが、残り少なくなってきました

いろいろな場所に薪が積み上げてある我が家ではありますが、玄関脇にある薪棚だけは、他とちょっと役割が違います。ここには、燃やせる状態になった薪が、他の薪小屋などから運んできて置かれます。寒い時期に、わざわざ遠い薪小屋まで薪を取りに行くのは辛いですからね。玄関をちょっと出て持ってくれば済むようにしておくわけです。

続きを読む “薪の大移動”

来年に持ち越し

2018年最後の日曜日です。この時期になると、今年のSSK Worldを総括して何か書きたくなるのは、もはやカラダに染みついた習性と言ってもよいかも知れません。

振り返ってみると、今年はやっておきたかったことが全然片付かず、来年に持ち越してしまったことが多いですね。何とも心残りではありますが、私自身だけではどうにもならない部分が多かったのも確かで、仕方ない…と自分に言い聞かせています。

続きを読む “来年に持ち越し”

土曜大工、日曜庭師

先週末は「梅雨時の貴重な晴れ間」なんて話をしたような気がしますが、この週末も、ちょっと雨には降られたものの、基本的にはよく晴れて、外での作業もはかどりました。関東甲信越では異例の速さで梅雨が明けたそうで、東海地方も記録的に短い梅雨となるのは時間の問題かも知れません。

続きを読む “土曜大工、日曜庭師”

西側でがんばる

先日、デッキの西側に壁を付けて強風に対抗しよう!という案を披露したところです。ゴールデンウィーク前の土用の時期に、一気に作ってしまいたいところですね。土を動かしてはいけないのなら、動かさなくても済む仕事をしよう…という目論見です。

とはいえ、土用が始まるのは17日から。次の週末はまだ土を動かしても大丈夫です。さて、それでは何をしようか…ということになったわけですが、先週末はもうひとつ我が家の西側で気になっていたところに手を入れました。 続きを読む “西側でがんばる”

庭が育った

気がつけば、今年も今日が最後の日曜日になります。毎年恒例で、年内最後のWeekly SSKではその年を振り返ってみよう!と思ったんですが、去年に続いて、やっぱり今年も庭いじりの話くらいしか思いつきません。

2015年12月26日 : 今年は道路脇にいろいろ変化が

外から見回してみると、この1年で我が家の外観もずいぶん変わりました。去年撮った写真と見比べても、間違い探しにもならないくらい劇的に、いろいろと変わっています。まあ、全てが「庭いじり」に分類できるわけではありませんけどね。 続きを読む “庭が育った”