来年に持ち越し

2018年最後の日曜日です。この時期になると、今年のSSK Worldを総括して何か書きたくなるのは、もはやカラダに染みついた習性と言ってもよいかも知れません。

振り返ってみると、今年はやっておきたかったことが全然片付かず、来年に持ち越してしまったことが多いですね。何とも心残りではありますが、私自身だけではどうにもならない部分が多かったのも確かで、仕方ない…と自分に言い聞かせています。


2018年12月30日:我が家の全景

片付かなかったといえば、やはり最たるモノは10月1日の早朝に我が家周辺を駆け抜けていった台風24号の被害の後始末。まるごとひっくり返った倉庫は、本体こそなんとか解体したものの、屋根のアスファルトシングルは放置されたままになってしまっていますし、倉庫が突き破ったフェンスもまだ直っていません。

片付けなくてはならないし、片付けたいのはやまやまなのですが、被害修理の見積もいまだ届かず、損害保険の請求にもたどり着けず、資金が足りないので手が付けられない…と、何とももどかしい状況になっています。もっとも、タイヘンなのは我が家だけではなく、仕事が殺到している業者の皆さんもそうなんですよね。エクステリア関係の仕事をしている友人のところには、台風直後の数日間で200件くらい見積依頼が届いたのだとか。さすがにこれは、常人のさばける仕事量を超えています。

去年の年末に撮った写真と見比べると、1階のログ壁は塗装が進んで濃い緑色になりましたが、2階の板壁部分がまだ手つかずです。これも、台風の来襲で予定が狂ってしまった面が大きいですね。それこそ今頃は足場を組んで塗り始めているくらいのつもりだったのですが…。

2018年12月30日:台風の爪痕がいまだ残る庭

庭には大量の薪が積み上がった状態になっていますが、薪小屋もまだ建てられていません。倉庫を建てる費用(損害保険に助けていただけるかも知れませんが)なども考えると、なかなか新しいことに踏み切れない自分がいます。 まずは台風からの復旧をなんとかしないと、身動きが取れません。


ユーカリは大きくなりました

台風のことはありましたが、それでも今年も我が家の庭にはいくつか新しいものが増えました。4月に植えたユーカリの苗は、ぐんぐん伸びて薪小屋の高さを越えてきています。まだ1年も経たないとはとても信じられないほどです。

もっとも、背丈が伸びたとはいえ、まだ幹は親指程度の太さしかありませんから、支柱無しでは立っていられません。冬場の風が強まる季節に、どれだけ耐えられるかが勝負でしょう。支柱を留めてある麻紐が切れてしまうので、針金に取り替えながら日々闘っています。

デッキに取り付けた防風壁も、今年の作品です。台風で倉庫が壊れてしまった後、一部の家財道具はこの壁の内側に避難させてあります。デッキに風がまともに吹き付けなくなったので、いろいろな作業はやりやすくなりました。巨大な構造物を立ち上げるのには苦労しましたが、この経験は新しい倉庫を建てるときにも生かそうと思っています…って、自分で建てる気なのか?(汗)


CF-RZ4はついに5年目に突入

持ち越したといえば、レッツノート・CF-RZ4に代わる私の相棒捜しも来年に持ち越しとなりました。コイツとの付き合いもついに5年目に入りましたが、一応働いてはくれているものの、だんだんリッチになる周辺のコンピューティング環境の変化についていくのがキツくなってきています。

おカネもないので、レッツノート以外を積極的に選びに行こう!と考えてきたわけですが、今のところ決定打が見当たりません。年明けに出てくるであろう、レッツノートの2019年冬春モデルがどうなるのかには注目しておかなくてはなりませんが、これの状況によっては、大きな決断を迫られるかも知れません。…その決断がどちら向きになるのかは、全く読めませんが。

リビングのテレビの買い換えも来年に持ち越しになりましたし、サイバーマンデーで購入したecho dotの活躍の場を広げるために買い足したかったいろいろなモノも、意外に選択が難しいので結局今年は買いませんでした。まあ、このあたりは楽しみを来年に残しておく…ということで良いのではないでしょうか。


…と、そんな風にして今年も残すところあと1日となりました。まずは、無事来年を迎えられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です