VAIO(株)のVAIO

ちょっと前の話になりますが、10月4日(現地時間)からアメリカで開催されたAdobe社のクリエイター向けイベント・Adobe MAXで、VAIO株式会社(以後「VAIO(株)」)がタブレットPCの試作機を展示したそうです。これに先立って、国内のメディアにもお披露目されたようで、各方面に記事が出ています。

ソニーが「VAIO」ブランドで販売していたパソコン事業は売却され、今年7月からVAIO(株)としての事業が始まりました。しかし、スタート当初は、従来ソニーから販売していたVAIO Pro 11/13などを継続して取り扱っている状態。これまで数多くの「とんがった」PCを生み出してきたVAIOブランドが存続したことにはホッとしていたものの、大事なのはこれから出てくる「VAIO(株)のVAIO」がどんなモノになるのか?だと思っていました。

当初、Adobe MAXでは「タブレットPC」を展示するとアナウンスされました。ソニー時代のラインナップでタブレットPCを名乗れそうな製品は、以前私が「気になるVAIO」として取り上げたことがあるVAIO Tap 11と、大画面タッチパネル一体型端末のVAIO Tap 21くらいでしょうか。先日発表されたばかりで、新しいレッツノート・CF-RZ4にも採用されたCore Mプロセッサの存在を考えると、VAIO Tap 11のコンセプトを生かして、さらにスリムに、軽量化したタブレットが出てくるのかな?というのが私の予想でした。

続きを読む “VAIO(株)のVAIO”

掌の上にWindows

以前から、持ち歩いてどこでも使えるWindows環境が欲しい…という話はたびたびしているわけですが、そんな私にとって、かなり気になるアイテムが、昨年末あたりから巷に出回り始めています。

それは、8型クラスのディスプレイを持ち、Windows 8.1で動くタブレットたちです。A5判用紙程度の大きさで厚さ10mm程度…というコンパクトな筐体は、重量も500gを大きく下回り、掌に軽く乗せられるほど。私たちが従来「持ち運べるWindows環境」としてイメージしていたモバイルノートPCとは、全く別次元の携帯性を実現しています。それでいて、Windows 8.1は十分実用的なレベルで動作し、バッテリーのみで丸一日動かせるほどのスタミナもあります。

商品としてはiPad miniや7型クラスのAndroidタブレットあたりと競合するところになりますが、彼らの強みになっているのがパソコン環境を「そのまま持ち歩ける」こと。パソコン用のWindows 8.1と全く同じものが動作しているので、Microsoft Officeを始めとしたパソコン用のアプリケーションがそのまま動きますし、USBやBluetooth経由で、以前から使っていたWindowsパソコン向けの周辺機器の数々もそのまま使えます。iPadやAndroidタブレットのように、Windows環境と連携させるために頭を一ひねりしたり財布をひっくり返したりする必要はありません。

続きを読む “掌の上にWindows”

NEXT LET’S NOTE

パナソニックが、今日から「春のスクリーンセーバーキャンペーン」なるものを開催しています。Webサイトからレッツノート特製スクリーンセーバーをダウンロードすると、スクリーンセーバー上からプレゼントがもらえるキャンペーンへの応募ができるようになっています。32v型の液晶テレビ「VIERA」も当たるかも?ということで、2階の寝室あたりに置けるといいなぁ…と思い、応募しました。

このスクリーンセーバーを見ていると、パナソニックからレッツノートの最新情報も配信される…ということなんですが、実際に起動させてみると、のっけから「あと5日」と言う文字が目に飛び込んできます。さらには「2014.1.15 debut!」「NEXT LET’S NOTE」なんて表記も。素直に読み取れば、来る1月15日に新しいレッツノートが発表される…としか考えられません。一気に動悸が高まります。

続きを読む “NEXT LET’S NOTE”

気になるVAIOたち

ノートパソコンを持ち歩かなくなってから、もうずいぶん長くなります。新しく購入するのが難しい状況で、いろいろ代わりの方法を考えてはみるものの、やっぱりノートパソコンを持ち歩く以上の最適解が見つかりません。

スマートフォンは、出先での情報閲覧についてはかなり高いレベルで要求を満たしてくれます。しかも、それは単なる代わりにとどまりません。十分快適なレベルの高速通信が常時確保され、GPSによる高精度な位置情報も持っていますから、これらの組み合わせにより、これまでモバイルノートPCで行っていたのとは別次元の情報を使いこなせるようになっています。

しかし、SSK Worldの原稿を執筆するためには、スマートフォンの文字入力環境はあまりにも貧弱すぎます。フリック入力や手書き入力をどんなに鍛錬しても、生産性ではQWERTYキーボードからの入力に遠く及びません。音声入力は、入力手段としてはそこそこ高速なんですが、結局逐次変換作業は必要ですし、その後の編集を考えるとやはりそれだけでは足りません。特にカット&ペーストの作業はかなり面倒です。

続きを読む “気になるVAIOたち”