「iPhone」タグアーカイブ

5月末を待つ

5月も残すところあと1週間ほどとなりました。5月でまた1つ年をとり…というのはともかくとして、現在、私には「5月末」というラインを目途に待っている話がふたつほどあります。 続きを読む 5月末を待つ

追いついた意味

日本時間の9月8日未明に、Apple社が新製品発表イベントを開催しました。Apple社のイベントと言えば、近年は秋の始まりを彩る年中行事。このタイミングに合わせて、iPhoneがニューモデルに衣替えされます。

今年も例に漏れず、iPhone 7とiPhone 7 Plusがお披露目されました。翌日の9月9日から予約が始まり、その1週間後の16日には販売が始まるようです。

1年おきに、末尾の数字がカウントアップされるメジャーアップデートと、数字の後ろに「s」が付加されるマイナーアップデートを繰り返しているのが近年のパターン。今年は、巷の皆さんにとってはメジャーアップデートの年と言うことで注目が集まっていましたが、2年縛りの半分が経過したところである私にとっては、正直なところあまり注目度は高いとは言えませんでした。しかし、登場してみると、今回のiPhoneには確かに大きな変化、それも私には到底無視できない変化が見られた…と言えます。

続きを読む 追いついた意味

やっぱり新しくない

連休明けの1週間は、仕事が忙しく、帰りの遅い日が続いたこともあり、あっという間に終わってしまった印象があります。幸い、仕事自体は緊張感と共にやりがいも面白さもあると思っていますが、気をつけないと過ぎていく日々に流されそうです。

そんな中で、今週気になっていたのは、携帯電話各社からこの夏の新製品の発表が相次いだこと。先陣を切ったのはauで、火曜日・10日に、ソニーモバイルのXperia X Performanceとサムスン電子のGalaxy S7 edgeのスマートフォン2機種の投入が発表されました。どちらも、グローバル版は既に発表されていた製品で、予想どおり日本市場に投入された…ということになります。

翌日・11日に、NTTドコモソフトバンクモバイルからも相次いで新製品の発表がありました。Xperia X Performanceは両者から、そしてNTTドコモからはGalaxy S7 edgeも登場する…ということで、この2機種については複数キャリアからグローバル向けのほぼ同仕様の製品が登場することになります。

そして、NTTドコモのAQUOS ZETA SH-04Hと、ソフトバンクのAQUOS Xx3はシャープ製のほぼ同仕様の製品。あとは、それぞれ他社の製品もいくつか出てくるようです。まあ、実際に売れる製品は大幅に偏るのがこの世界の常ではありますが。

続きを読む やっぱり新しくない

進歩はしたのだろうけど

9月9日(現地時間)に、Apple社の新製品発表イベントが開催され、新しいスマートフォンとしてiPhone 6sとiPhone 6s Plusがお披露目になりました。現在予約受付中で、25日には巷に出てくることになります。

ここ数年のiPhoneは、1年に1回この時期に新機種が発表されますが、1年おきに数字がカウントアップされる新デザインの製品が合間の年には「s」の付いたマイナーチェンジモデルが投入される…というパターンになっています。今年は「s」付きが出てくる裏年ということになりますが、裏とは言っても、変化は決して小さくはありません。

続きを読む 進歩はしたのだろうけど

乗り換えの2日目

8月23日に完了していたはずの、スマートフォン・携帯電話の乗り換え契約。まさかの後日持ち越しとなりました。

法人から個人への名義変更で契約期間がリセットされたので、急いで乗り換える必要はなくなりました。しかし、あまり後ろには延ばしたくない…という思いもありましたし、キャンペーン価格で端末3台をキープしてもらっているauショップのMくんにも申し訳ないので、翌24日に仕事は半日休暇をいただいて、残りの手続きを済ませることにしました。

続きを読む 乗り換えの2日目

14mmでも分厚い

2015年夏モデルの各社スマートフォンで最強の個性派端末…といえば、auのTORQUE G02を置いて他にはないでしょう。防水・防塵どころか、実に21項目ものテストで、あらゆる条件に対する耐久性を追求した超タフネススマートフォン。海に落っことしても、蹴飛ばしても、踏んづけても大丈夫そうです。私にとっても、今季で最も気になる端末の一つになります。

そのTORQUE G02のモックアップが、この週末から店頭に並び始めました。個別商品のカタログも入手できるようになっています。私も、早速家電量販店に足を運んで、手に取ってみました。

続きを読む 14mmでも分厚い

長いものに巻かれるべきか

いよいよ来月末となった、ソフトバンクとの回線契約の2年縛り明けに向けて、スマートフォンの乗り換え先の検討は、いよいよ待ったなしの段階に入りつつあります。しかし、いくつか候補になる端末はリストアップしてみたものの、どうにも決めきれません。

各社の2015年夏モデルが巷に出始めていますが、出てきたことで新たな問題が明るみに出ることもあります。例えば、AQUOS SERIE SHV32には、ハイエンド機とは思えないほど動作がもっさりしている…との疑惑が持ち上がっています。これは、どうやら今シーズンのハイエンド機に軒並み採用されているMSM8994プロセッサに共通の熱処理の問題のようで、SHV32が発熱に敏感に反応して動作クロックを落としているのが原因では?という見方が出ています。逆に、手加減無しでぶん回している製品だと、すぐに高温になり、カメラの動作に支障が出る…なんて話も出ていますしね。

2.0GHz動作のコア4個+1.5GHz動作のコア4個の計8コアで動作する…というMSM8994。フル回転させられれば、かなりのハイパフォーマンスが発揮できるはずですが、各社ともまだこのじゃじゃ馬を乗りこなせていないのかも知れません。もしその通りだとすれば、今後ファームウェアのチューンナップでかなり改善の余地もありそうですが、どこまで本気で改善に取り組んでくれるのかは不安要素です。MSM8994プロセッサの発熱問題については、そもそも本当にそんな問題が存在するのか?も含めて、もう少し様子を見る必要があると思っています。

続きを読む 長いものに巻かれるべきか

dか、aか、それとも

今週は、水曜日・13日にNTTドコモの新サービス・新商品発表会が開催されます。そして翌日の14日にはauの発表会も開催。まさかの2日連続となりました。

我が家では、ソフトバンクとの回線契約が7月で満2年を迎えますこの契約は更新しないことが確定している中で、8月以降の新しい契約先の最有力候補は、やっぱりこの2社のうちどちらかということになるのだと思います。

現在iPhoneを使っている妻からすれば、どこと契約しても同じiPhoneが使える(細かい点ではサービスの差もあるようですが)ので、新端末の発表よりも価格やサービスの面が気になるのだと思うんですが、Android機を使っている私としては、どんな端末が登場するかも契約先の選択に大きく影響するので、これらの発表会は気になるところです。ちなみに、iPhoneへの乗換については全く眼中にありません。今さら防水非対応の端末になんて戻れませんね。

続きを読む dか、aか、それとも

仕上がりつつある…のか?

Windows 10 Technical Previewの最新ビルド・Build 10061の提供が始まっています。今回も、プレビュービルドのインストール方法を「速い」にしているユーザーのみに、Windows Updateで提供されています。ダウンロードにもインストールにも相当長い時間がかかりますが、作業自体はほぼ全自動なので、放置しておけばそれほど面倒ではありません。

Windows 10 Technical Preview Build 10061 - デスクトップ画面今回のビルドでは、UIのデザインにかなり手が入っています。タスクバーやスタートメニューが、黒基調の固定カラーが標準になるように設定変更されているのが目を引きますね。アクションセンターの背景も、これまでの白から黒に変わりました。

スタートメニューの右上にあった電源ボタンが、Windows 95以来の「終了」メニューの定位置であるスタートボタンすぐ上に移動しています。しかし、そのボタンに付いたキャプションが「仕事率」なのはなんとも不思議。単なる誤訳なのでしょうけど…。

続きを読む 仕上がりつつある…のか?

フラットデザイン

先週から、スマートフォン版のSSK Worldで使用しているWebフレームワーク・jQuery Mobileのバージョンを1.4に上げて運用してみているところです。とりあえず、画面表示の破綻などないような状態になっているかとは思いますが、まだ修正したいポイントがいくつも残っています。追々、こっそりと直していこうかと思っています。

jQuery Mobile 1.4では、これまで使っていたjQuery Mobile 1.2とは多くの点で異なる記述が必要になります。従来JavaScriptで処理していた部分をCSSのみで処理するようにしているのだそうで、このためにタグ内の属性記述の仕様には大幅な変更が加えられています。JavaScriptを実行しないこと自体が動作の高速化に有利ですし、そもそもJavaScriptを読み込まない分だけページのファイルサイズ自体が縮小されることになります。

標準のデザインが、従来の立体的な陰影が付いたものから、平板的ないわゆるフラットデザインに変更されたのも特徴の一つです。Windows 8、iOS 7、Android 5.0と、プラットフォームを問わずフラットデザインはユーザーインターフェースの時代の潮流と言って良いでしょう。Windows Vista/7のAeroGlassのように、UIはリッチに見せるのが主流だった時期もありますが、現在はUI自体が目立ちすぎないようにして、ユーザーの操作をそっとアシストする流れのようです。

続きを読む フラットデザイン