薪小屋としてはほぼ

薪小屋としてはほぼ

先週末に続いて、自宅の庭で工事に励む週末となりました。とはいえ、そればかりやっていては家のことは回りません。土曜日の午前中は、庭の草取りをして過ごしました。現在春の土用のまっただ中、草取りは神様に怒られそうなギリギリのラインのような気がしますが、芝生が雑草で埋め尽くされているのを見ると、どうにも我慢できませんでした。腰が痛くなったらゴメンナサイ!しましょう。

続きを読む “薪小屋としてはほぼ”
上下でつながった

上下でつながった

新型コロナウイルス対策で、「不要不急の外出は避けるように」と言われます。週末の休暇を楽しみにしている皆さんの中には、出掛けられずにストレスが溜まってしまう方も多いのではないかと思いますが、幸い私の場合は家に居ながらにしてできること、やるべきことがいろいろ山積みで、暇にはなりません。

家でできる道楽の中でいちばん大がかりなのが、倉庫や薪小屋の建築工事。もっとも、これは単に楽しむだけではなくて、作ったモノが生活の役に立たなくてはならないので、それなりのプレッシャーも伴うわけですが、その重圧もまた楽しみの一部ではあります。

この週末は、先週末に続いて、薪小屋新1号館関係の工事を進めました。先週は脚立を置くための床を作りました。次はこのスペースの屋根づくりです。土曜日は激しい雨で、日曜日になっても強風は収まらず、作業は日曜午後の少しの時間だけでしたが、やりたかった作業は何とか片付けました。

続きを読む “上下でつながった”
床を張る

床を張る

この週末は、土曜日・日曜日とそれぞれ出掛ける予定が入っていました。だからといって、倉庫づくりの歩みを止めるわけには行きません。今年も残すところ6週間と少し。このままでは今年のうちに家が片付きません。

先週末に塗装を済ませ、外の環境から大事な家財を守る倉庫としての基本性能は、とりあえず備えられたのかな?と思っています。今週も何度か雨が降りましたが、雨漏りは皆無でした。外観としては、残すところ階段を取り付けるのみとなっているわけですが、倉庫として稼働させるためには、先にやっておかなくてはならないことがあります。

続きを読む “床を張る”
日曜のおしごと

日曜のおしごと

以前、「日曜大工」という言葉は「Sunday Carpenter」という英語の直訳らしい…という話をしたことがあります。今のところは、倉庫づくりのため日曜日の度に大工になりたい私なのですが、実際には休日でもやらなくてはならないことは他にいろいろあって、簡単に大工になれるわけでもなかったりします。

とはいえ、何とか時間はひねり出して、今週末も少しはこの「仕事」を進めることができました。給料が出るわけでもないのに、何を必死に頑張ってるのやら…という話もありますが、おカネをもらっていない自分のモノだからこそ真剣なのですよ、これは。

続きを読む “日曜のおしごと”