速くなりましたか?

先日、珍しくSSK Worldのサーバーがメンテナンスのため数時間停止していました。ココはしがない個人Webサイトですから、わざわざ広報もしなかったわけですが、同じサーバーに同居している妻の店のWebサイトの方には、一応案内を出しておきました。まあ、店は休業日で、しかも停止するのは真夜中の予定でしたから、たいした影響もなかったと思いますけどね。

今回のメンテナンスでは、レンタルサーバーのOSであるFreeBSDがバージョンアップされましたが、OSそのものよりも大きなトピックだったのが、PHP 7.2がモジュールモードで動かせるようになったこと。従来のCGIモードよりもはるかに高速に動作するのだそうで、PHPで動いているWordPressも、ひいてはWordPressで運用されているSSK Worldも、これまでより軽く動いてくれることが期待されます。早速設定を切り替えて運用を始めていますが…速くなりましたか?

続きを読む “速くなりましたか?”

Gutenbergで書く

12月7日から、WordPressの最新版となる5.0へのアップデートの配信が始まっています。一番上の桁の数字がステップアップする、いわゆるメジャーバージョンアップということで、どんな影響があるか不安だったので、管理する2つのWordPressのうち、まずはSSK Worldの方にだけ適用してみました。所詮趣味のサイトですから、万が一停止しても笑い事で済みますしね。

続きを読む “Gutenbergで書く”

常時SSL化の効果?

8月になりました。毎月、1ヶ月単位でとりまとめられるいろいろな物事を確認しているわけですが、特に気になるのはやっぱりおカネの出入り。日々の生活の中で出ていくものばかり多いわけですが、入ってくるものもないわけではありません。私の給与収入、妻の事業収入以外にもいくつかあります。例えば太陽光発電の売電収入もそのひとつで、相変わらず一喜一憂しています。

そんな中で、最近気になっているのが、Google AdSenseAmazonアソシエイトから入ってくる広告収入。どちらも、自分のWebサイト上で広告を表示するスペースを広告主に貸し、表示・クリック・商品やサービスの購入等の「実績」に応じて広告料がいただける…というサービスです。

続きを読む “常時SSL化の効果?”

WordPress 4.9.3の不具合

現在、SSK Worldのコンテンツ運用管理システムとして使用しているWordPressは、システムや各種プラグインのバージョンを自らチェックして、随時最新バージョンへのアップデートをバックグラウンドで行ってくれるようになっています。こちらから、定期的に管理画面にアクセスしてアップデートをチェックする必要はありません。

気をつけなくてはならないのは、アップデートに別の不具合などが含まれていて、気がついたら正常に動作していなかった…なんてことも起こってしまう可能性があること。SSK Worldでは、過去一度だけ、アップデートがプラグインやテンプレートの独自拡張部分と衝突したのか、突如500エラー(Internal Server Error)で全てのページが表示されなくなったことがあります。

WordPress本体のバージョンアップが行われたときには、eメールが届くように設定してあります。昨日・6日の朝にも、「WordPress 4.9.3 へのサイト更新が完了しました」というタイトルのメールが届いていました。しかし、このバージョン4.9.3が、困った不具合付きでやって来てしまったんです。 続きを読む “WordPress 4.9.3の不具合”

常時SSL化

昨日あたりから、SSK Worldにちょっとした変化が起こっていることにお気づきの方はいらっしゃるでしょうか。と言っても、サイトの画面内を探し回っても、おそらくどこが変わったのかはわからないのではないかと思います。

Chromeで見た https://www.sskworld.net/

見た目でわかる変化は、Webブラウザーの窓枠左上、URLが表示されているアドレスバーの部分。Google Chromeブラウザーだと、緑色の南京錠のマークと共に「保護された通信」という文字が表示されているはずです。

続きを読む “常時SSL化”

ハタチになりました。

1997年2月22日にSSK Worldをスタートさせてから、今日でちょうど20年が経ちました。誕生日の記念に…ということで、ちょっと一曲。

先日我が家にやって来たばかりの初音ミクに、「Happy Birthday To You」を英語で歌ってもらいました。日本やアメリカ等ではパブリックドメインの曲ですから、聴いていただいても問題ありませんよね(笑)。 続きを読む “ハタチになりました。”