「健康」タグアーカイブ

薪割り会にも復帰

今日は、久しぶりに「薪割り会」に出かけてきました。これは、一昨年の6月から始まったBESSの家のオーナーさんたちによる自主的な集まりで、前回は昨年の初夏に開かれていたんですが、そのときはまだ病み上がりの療養中ということで、残念ながら欠席。自分にとっては、昨年の年初以来の参加となりました。

続きを読む 薪割り会にも復帰

1月のルーティーン

1月がもうすぐ終わりますが、我が家には、このところ毎年1月にやっていることがいくつかあります。義務的なことでもないのですが、やっておかないとどうも落ち着きません。逆に、これが片付くと1年がスタートできるな…という気持ちになります。いわゆるルーティーンになりつつありますね。 続きを読む 1月のルーティーン

カラダが資本

2017年も、残すところ今日1日のみとなりました。毎年、最後の日曜日にその1年を振り返ってみるわけですが、今年は本当に最後の最後です。…とは言っても、あと十数時間で何が起こるかも、本当にわからないわけですが。

去年は何を書こうか相当困って、頭を捻ったことを思い出します。しかし、幸か不幸か、今年はそんなことはありません。特に今年後半のあらゆることにとんでもない影響を及ぼした、タイヘンな事件があったことは忘れられません。 続きを読む カラダが資本

復帰戦

今日は、浜名湖ガーデンパークに出かけました。高校の同窓生の皆さんと、「ガーデンパーク駅伝」に参加するためです。フルマラソンと同じ42.195kmを、約3kmずつ14人で走ります。一昨年はメンバーの一人として走りましたが、去年は他の予定が重なってしまい出場できませんでした

今年は、春に突然入院する羽目になり5月の佐鳴湖駅伝への出場は断念しました。幸い、その後は何の問題もなく過ぎ、8月からはまたランニングを始めることに。まずは10月1日、この日に3kmを走ることを目標に決めました。 続きを読む 復帰戦

ふたたび走り出す

あの突然の緊急入院から、3ヶ月が過ぎました。幸いなことに、その後アブナイ症状で病院に運ばれることはなく、なんとか平常の生活ができています。今でも、以前と比べるとちょっと体力が落ちているかな?と感じることは結構ありますが、それ以外はまあまあ普通です。あまり身構えずに、遠くにも出かけられるようになってきました。

退院したときに、「2~3ヶ月の間は激しい運動も控えるように」との指示をいただいたわけですが、3ヶ月目も後半にさしかかった今月のアタマの経過観察で、先生に改めて運動について訊いてみました。先生からは、「運動することは糖尿病などのリスク要因の低減にも役立つから、少しずつやってみてもいいよ」との答えをいただきました。

以前からランニングを続けていることは先生に伝えてありました。先生によると、以前担当していた患者さんの中にはフルマラソンを走る人や、トライアスロンに出ていた人もいたとか。「もっとも、そんな激しい運動をしても良いのか、あるいはそこまでの激しい運動が必要なのかは、ワタシにはわかりませんが」と言う先生の顔は、明らかに笑っていました。世の中、変態ばかりです。…あ、もちろん、誉めてますよ。 続きを読む ふたたび走り出す

食事を記録する

先週末は、土曜・日曜の2日間開催されるイベントに妻の店が出店していたので、手伝いに出かけていました。しかも、土曜日の晩にも隣町の夏祭りへの参加を頼まれて出店。2日間で3回という、とんでもない強行軍となりました。

荷物の搬入・搬出、リリーフでの店番と、やっていることはいつもどおりなんですが、これはさすがにキツかったですね。日曜日の晩に日記を書く気力は残っていませんでした。

もっとも、これは病み上がりでまだ体調が完全復活とはなっていないうえに、持病のぎっくり腰が再発して追い打ちを掛ける…という満身創痍の状態が影響したのは否めないところ。弱り目に祟り目です。


…と、言い訳はこのくらいにしましょう。5月に病院に担ぎ込まれて以来、コレステロールと血糖値が高いのを改善するために、主に食事療法を進めているところです。当面は、以前のように運動しながらダイエットするわけにも行かないので、カラダの中に入れるものを減らしてコントロールしていくしかありません。 続きを読む 食事を記録する

弱気の虫

振り返ってみると、5月の下旬あたりからほとんどNuAns NEO [Reloaded]の話しかしていないSSK World。「Twitterでの記事更新通知にハッシュタグを付ける」という技を覚えて以来、今までにはほとんどなかった「いいね」やリツイートをしていただけることが増え、実はちょっと良い気分だったりもしますが、そこに安住しているわけにもいきません。

というわけで、さらに振り返ってみると、退院してから2ヶ月ほどが過ぎたことに気付きます。「2ヶ月」と言葉に出すのは簡単なんですが、自分にとっては、まだ2ヶ月しか経っていないのか?という感覚です。

この2ヶ月間にいろいろな出来事があったことが、そう思わせる理由だと思うのですが、一方で、2ヶ月しか経っていないことを如実に示しているのは、全然無理が利かなくなってしまっている自分が自覚できることです。 続きを読む 弱気の虫

TIA

先日入院したときに、脳梗塞までは至らなかったものの、一時的に脳の血流が悪化することにより、脳梗塞のような症状が出たのではないか…という話をしたかと思います。結局、病院での診断名は「一過性脳虚血発作」となりました。英語の「Transient Ischemic Attack」の頭文字を取って、「TIA」と記載されたりもします。入院中に先生に見せていただいた検査結果でも、病名のところに「TIA疑い」と記載された紙がありました。

TIAの場合、その名のとおり脳梗塞のような症状は一過性のもので、数分から1日も経つとすっかり元どおりに回復します。しかし、実は単純に「回復したぞ!良かった、良かった」…という話にはならなかったりもします。 続きを読む TIA

もう戻ってきました。

ちょっとひとやすみ」なんてお知らせをしたSSK Worldですが、恥ずかしながら1週間もしないうちに戻ってきてしまいました。

とはいえ、突然あんなことを書いて休業宣言をしてしまった以上、説明責任はあるわけで…って、そんなことを気にしている方がこの世界にどのくらいいらっしゃるのかはわかりませんが、この1週間に何があったのかはお知らせしておこうかと思います。 続きを読む もう戻ってきました。

こむら返り

先日、珍しく早朝に足がつってしまって目が覚めました。ふくらはぎの筋肉が収縮して痛くなる、いわゆる「こむら返り」です。ちなみに、蛇足ではありますが「こむら(腓)」はふくらはぎのこと。「足をつる」の「つる」がひらがな表記なのは、「攣る」の字が常用漢字外だからですね。

こむら返りへの対処としては、つま先を掴んで縮んだふくらはぎの筋肉を伸ばしてやることになるわけですが、就寝時に発生してしまうと、起き抜けでなかなかとっさの対応は取れません。結果的に、ふくらはぎの痛みが残ってしまうこともあります。このときの私は、丸一日くらい足を引きずる羽目になりました。 続きを読む こむら返り