CF-RZ4のクリニック

クリニックから戻ってきたCF-RZ4

日曜日・25日にレッツノートクリニックに送っていたCF-RZ4が、今日帰ってきました。購入してからちょうど2年が過ぎたところで、当初の予定どおりクリニックを受けられる期限ギリギリまで待っていました。

改めてご紹介しておくと、「レッツノートクリニック」というのは、パナソニックストアで購入したレッツノートが、購入後1年を経過するとハードウェアのチェックやメンテナンスを受けられたり、天板やキーボードなどを交換できたりするサービスです。店頭販売モデルでは受けられない…という、実にスペシャル感に溢れる仕組みですね。 続きを読む CF-RZ4のクリニック

パパのカメラ…かな。

Panasonic HC-W580M

この冬のボーナスで、ひとつ買物をしました。Panasonicのデジタルビデオカメラ、HC-W580Mです。ビデオカメラを購入したのは15年ぶりくらいになりますが、当時より大幅に小型化されているのに驚きます。記録がテープからメモリーデバイスに移行したのが大きいですね。内蔵の32GBのメモリーまたはSDメモリーカードに、フルHD解像度の動画を記録することが出来ます。 続きを読む パパのカメラ…かな。

ずっと無償アップデート

ドラムセットを買ったときに、某Facebook友達からちょっと話を振られて以来、PCを使った音楽製作ツール関係が気になって、いろいろ調べていました。

PCで楽曲データを作り込んでいく、いわゆる「打ち込み」は、作曲も含めて昔は相当ディープにやっていましたが、なかなか自分の時間が作れなくなって、しばらく離れているうちに、すっかり時代の流れに乗り遅れてしまいました。デスクトップPCが新しくなりましたが、パワフルな処理能力の使い道が少ないなぁ…と思っていたところで、これはちょうど良い使い道とも言えます。

関係各社のWebサイトを調べているうちに、とんでもないキャンペーンが実施されている情報をつかみました。しかも期限は今年末まで…って、あと1週間しかないじゃないですか!

続きを読む ずっと無償アップデート

全力疾走する第九

日曜日・25日は、アクトシティ浜松大ホールに、浜松フロイデ合唱団のベートーヴェン「第九」演奏会を聴きに出かけました。毎年この時期恒例となっていますが、私にとっては単なる演奏会ではなく、かつて合唱団で歌った仲間たちとの「同窓会」でもあります。

それは私だけでなく妻にとっても同じなんですが、娘を家に置いて二人で聴きに行ってしまうわけにも行きません。今回は私が演奏を聴いた後で、妻と娘にも来てもらい、一緒に団員さんたちの「出待ち」をしました。

演奏会のチケットには、「10歳未満のお子さまは、チケットをお持ちでも入場できません」と記載されています。現在小学校3年生の娘は、いよいよ来年の演奏会からは客席に入れることになります。しかし、1時間を大きく超えるクラシックの演奏会の間、静かに聴いていられるのか…不安しかありません(汗)。またそのときが近づいたら、どうするか考えましょう。

続きを読む 全力疾走する第九

ないようでいろいろあった

今日は、2016年最後の日曜日。例年、SSK Worldとしてのその年の総括をしてみるのが習わしのようになっていますが、振り返ってみたものの、どうしたらいいモノか頭を抱えています。というのも、今年を振り返るに値するテーマが見つからないのです。

そもそも、記事の投稿総数が極端に減っています。今日の記事は2016年の97本目の投稿となりますが、年間投稿数が100件を下回れば、2008年以降では初めてのこととなります。9月の投稿数は、たったの4。これは、「Weekly SSK」として週に1回以上のペースで更新する!と宣言した1999年8月以来、月間投稿数では最も少なかったことになります。 続きを読む ないようでいろいろあった

念願のマイドラム

12月も半ばを過ぎました。私のところにも、ありがたいことに去年よりもちょっぴり多いボーナスが入ってきました。不景気を唱えるのに慣れて久しくなりますが、そんな中でボーナスをもらえるだけでも、感謝しなくてはなりません。

さて、ボーナスが手元に入ると、ついついいろんなものを購入して、「2016年冬のお買い物」なんてタグを付けて楽しんでしまう悪いクセがありますが、今年はまだ「ボーナスで買った」とハッキリ言える買物はしていません。厳密に言えば、ローンを組んで購入している家やクルマは、ボーナスを使って買っている面があるわけですが…。ただ、今のところ「ボーナスのおかげで買えたもの」ならひとつあります。 続きを読む 念願のマイドラム

第三章の幕開け

水曜日・14日に、槇原敬之の2年ぶり、通算21枚目のニューアルバムとなる「Believer」が発売されました。今回も、発売されることがわかった段階で予約して、前日の13日には我が家に初回限定版のCD+DVD2枚組が届きました。

2年前の「Lovable People」発売のときには、楽天ブックスに予約していましたが、今回はAmazonを使っています。CDに限らず、我が家では最近はネット通販のほとんどがAmazonに集約されつつあります。妻がAmazonプライム会員で、私も家族会員を登録して送料が基本的に無料だったり、バーゲンへの優先エントリー権がもらえたりするのが大きいですね。

妻は、プライム会員の特典で音楽や動画のストリーミング配信が利用し放題だったり、写真ならいくらでもオンラインストレージに保存できたり…と、さまざまなサービスが受けられるようです。これで1日10円ちょっと(年額3,900円)というのは、相当安く感じますね。


…というのはともかく、槇原敬之の公式Webサイトによると、この「Believer」は「第三章の幕開け」と位置づけられているのだそうです。なぜそうしたのか、詳細を語ったメディアにはまだお目にかかれていませんが、そう銘打つからには、今までの作品とは一線を画する部分が何かあるはずです。そんなことを頭に置きながら、全13曲を聴いてみました。 続きを読む 第三章の幕開け

花壇を直す

縁取りのレンガが崩れてしまいました

10月に、離れのデッキに上る階段脇に作った「最後の花壇」。その後2ヶ月くらい経つものの、いろいろ多忙だったこともあってか、なかなか花が植えられていなかったんですが、先日の雨で、縁取りに並べてあったレンガが一部崩れ落ちてしまいました。 続きを読む 花壇を直す

All in OneDrive

先日から何度か話題に出していますが、Microsoft Officeアプリケーション等が利用できるWebサービス・Office 365 Soloを契約すると、同社が提供するオンラインストレージのOneDriveが1TB使えるようになります。

1TBという容量は、PC本体に内蔵されるハードディスクの容量としてはそれほど珍しいものではなくなりましたが、オンラインストレージとしてはかなりの巨大なものです。ここまで大容量になると、利用方法もちょっと変わってきます。 続きを読む All in OneDrive

おひとりさま用Office 365

12月になりました。12月には、片付けておかなくてはならないことがいろいろありますが、ひとつ忘れてはいけないのが、Office 365の契約更新です。

WordやExcel、PowerPointなどのMicrosoft Officeアプリケーションは、プライベートだけでなく仕事でも使うのでどうしても必要なんですが、新バージョンが登場する度に購入するよりは安い…という作戦で、3年前から、買いきりのパッケージではなく、年額払いのライセンスであるOffice 365を契約しています。

続きを読む おひとりさま用Office 365