「マラソン」タグアーカイブ

年々、速くなる。

先週の日曜日・5月26日は、近年は私にとっても春の恒例行事となってきた、佐鳴湖国際駅伝が開催されました。今回も、いつもの高校同窓生連合で臨みました。この日に皆さんに会えるのが楽しみで、日々ランニングに勤しんでいるという面もあります。

続きを読む 年々、速くなる。

3秒及ばず、1分縮めた

今日は、第15回浜松シティマラソンの開催日。今回も、私自身の5kmと、娘と一緒に走るファミリーの部(1.5km)のダブルヘッダーでエントリーしてあったので、応援の妻と選手の娘を連れて、四ツ池公園陸上競技場に向かいました。

続きを読む 3秒及ばず、1分縮めた

今年も走ります。

私のところにも無事2019年がやって来ました。あけましておめでとうございます。去年から片付いていない問題をたくさん持ってきてしまいましたが、今年は少しずつでも着実に片付けて、いろいろなことがまる~く収まる年になってほしいな、と思います。

2019年は亥年です。イノシシの親子(^_^)。

さて、そんな今年は亥年ということで、「猪突猛進」という言葉のイメージどおり、勢いよく進んでいきたいですね。まずは自分の足で走るところから、しっかり始めていきたいな、と思っているところです。

続きを読む 今年も走ります。

TicWatch Proと走る

先日購入した新しいスマートウォッチ・TicWatch Proに期待していることのひとつに、日々のランニングのログ取得機能があります。というよりも、それができないようでは、私の買い換え候補としては俎上にも上らなかったはずです。

裏蓋中央部分が心拍センサー
裏蓋中央部分が心拍センサー

今どきのスマートフォンらしく、TicWatch Proには衛星測位機能も、心拍数を計測できるセンサーも装備されています。スマートフォンを一緒に持ち歩かなくても、自らの走った経路を正確に記録した上で、心拍数をモニタリングした効率的なトレーニングも可能…となるはずです。

続きを読む TicWatch Proと走る

買い物連鎖~TicWatch Pro編

先日、新しくスマートウォッチ・TicWatch Proを購入したわけですが、こうしたちょっと大きめの買物をすると、それに伴っていくつか購入したいものが出て来ることがよくあります。ないと困るもの、あると便利なもの…私はそれを「買い物連鎖」なんて呼んだりもしていますが。

続きを読む 買い物連鎖~TicWatch Pro編

Moto 360 Sportの次は?

スマートウォッチ・Moto 360 Sport

スマートウォッチ・Moto 360 Sportを使い始めてから、2年と少々が経ちました。そもそも、普段の健康づくりとして行っているランニングにおいて、走行距離とその経路、ペース、心拍数等の情報をモニターし、記録を取るために購入したものですが、トレーニングの際だけでなく、基本的に常時身につけています。結果的に、日々の身体の動かし方を記録するライフログのためのセンサーになっているわけです。

続きを読む Moto 360 Sportの次は?

佐鳴湖に帰ってきた

日曜日・27日は、佐鳴湖国際駅伝に出場してきました。佐鳴湖はワタシの駅伝デビューの地であるわけですが、去年は残念ながらカラダを壊してしまい参加できず、それでもなんとか応援に出かけました。行って帰ってくるだけでも、猛烈に全身が疲労したのをよく覚えています。

あれから1年。半年前のガーデンパーク駅伝で無事駅伝への復帰を果たし、今回も走る気満々でカラダ作りに励んでいました。途中で腰を痛めてしまったりしてちょっと大変でしたが、当日までには何とか持ち分の3kmは走りきれるくらいになりました。 続きを読む 佐鳴湖に帰ってきた

走るための眼鏡

先日、新しい眼鏡をご紹介したときに、もうひとつ通販で眼鏡を購入したことに触れています。注文したときには「12日~14日に到着予定」となっていましたが、予定よりもずっと早く届いたということで、先の眼鏡を購入したJINSの店舗まで受け取りに行ってきました。

JINSのオンラインショップでは、商品を自宅等に宅配するほか、今回の私のように実店舗で受け取ることを選択できます。わざわざ出かけなくてはならないのか…と面倒に思う方もあるかも知れませんが、実は、その場で店員さんにフィッティングをお願いすることができるという利点があります。自宅に届いた後でも、店舗に持っていけば調整はしていただけるんですけどね。 続きを読む 走るための眼鏡

カラダが資本

2017年も、残すところ今日1日のみとなりました。毎年、最後の日曜日にその1年を振り返ってみるわけですが、今年は本当に最後の最後です。…とは言っても、あと十数時間で何が起こるかも、本当にわからないわけですが。

去年は何を書こうか相当困って、頭を捻ったことを思い出します。しかし、幸か不幸か、今年はそんなことはありません。特に今年後半のあらゆることにとんでもない影響を及ぼした、タイヘンな事件があったことは忘れられません。 続きを読む カラダが資本