「ミモザアカシア」タグアーカイブ

10連休も庭しごと

私の職場は、基本的にカレンダーの色のとおりに休みが回ってくるので、先週土曜日の4月27日から明日・5月6日まで、私も10連休をいただくことになりました。この「10連休」も、全ての人が等しく休みを取れるわけではなく、こうしたことが行われるとどうしても不満が出てきます。少なくとも、休めずに頑張っている方々のおかげで自分たちが休ませてもらえていることだけは、肝に銘じておきたいところです。

そんなことを言いつつ、私自身も前半は娘の学校行事に付き合ったり、妻の店のイベント出店を手伝ったり…と、純粋に自分の休みとしては使えませんでした。しかも、ようやく自分の時間ができた!というところになって、今度はあいにくの雨。なかなか思うようにはなりません。


こんなときに遠出をしても、人混みに揉まれに行くようなもの。基本的には、自分の時間が使えるときには自宅で庭仕事を楽しむつもりでいました。

続きを読む 10連休も庭しごと

ミモザの日

ミモザアカシアの花が咲きました

今朝、我が家の庭に植えてあるミモザアカシアが、まだほんの少しではありますが花を咲かせていました。去年は大きく育ったものの蕾を付けず、今年は秋の台風24号ですっかり弱ってしまい、どうなることか心配していました。初めて咲いたということで、とても嬉しかったですね。

早速、写真を撮って妻にLINEで送信したら、とても喜んでくれたのですが、後で聞いた話によると、今日・3月8日は「国際女性デー」だそうで、イタリアでは女性にミモザの花を贈る習慣があることから、「ミモザの日」とも呼ばれるのだとか。私としてはただただ嬉しくて伝えたかっただけで、そんなに気の利いたことをしたつもりはなかったのですが…話としては、あまりにもデキすぎですよねぇ(笑)。

庭よ、よみがえれ

3月になりました。季節は冬から春へと移り変わろうとしているところではありますが、活気が出てきてほしいはずの我が家の庭が、どうも荒れ果てた状態になってしまっています。

昨年秋の台風被害から立ち直れていないこともありますが、それ以降にも我が家ではいくつかタイヘンなことがあり、庭の手入れどころではなかった…ということもあったりします。言い訳していても、自分のことは自分でやるしかないわけですが。

続きを読む 庭よ、よみがえれ

二百十日

9月になりました。9月1日は「二百十日」。立春から数えて210日目ということで、この日は台風に襲われやすい…と言われているわけですが、この日が特別というわけではなく、そろそろ日本では秋の台風シーズンに入ってくるという意味合いで捉えれば良いと思っています。とはいえ、今年は既にいくつもの台風が来襲しているのですが。

来週も、台風21号が本州に接近、上陸する可能性があるそうです。今年の台風の中でも最強クラスということで、この週末は我が家の台風対策として庭木の支柱を補強しました。

続きを読む 二百十日

背丈を超された

火曜日・8月7日は立秋。とはいえ、暦の季節なんか全く無関係に、猛暑の日がもうしばらくは続きそうです。土用が終わったので、花壇の植え替えなどもしたいところなんですが、屋外での活動そのものが困難で…どうしたものか。

とはいえ、よく晴れて、ときには多く雨が降り、植物たちには成長のためのエネルギーが最大限に与えられている…ともいえます。我が家の植物たちもその例外ではありません。

続きを読む 背丈を超された

立て直し

大型の台風12号は、昨夜遅くに我が家の南海上を抜けていったようです。これまでも台風には何度も襲われているわけですが、今回は東側から西へ抜ける「逆走台風」ということで、「過去の経験が通用しない」と報道されたりもして、どうなることか心配していました。

結果的には、我が家の近辺では河川が氾濫して浸水したり、土砂崩れで住家が崩壊したり…というような大惨事には見舞われずに済み、ホッとしているところです。浜松市内では停電もかなりあったようですが、幸い今の家に引っ越してからは長時間の停電に襲われたことはありません。ありがたいことです。ともかく、デッキの防風壁が崩壊しなかったのがいちばんの収穫ですね。

とはいえ、一時は我が家も台風の暴風雨域に入り、大雨・暴風の警報が出ていたわけで、全く無事に済むわけがありません。いちばんの被害を受けるのは、庭に植えられている木々だったりします。避難させるわけにも行きませんからね。 続きを読む 立て直し

伸びる、伸びる、伸びる

20日から夏の土用に入りました。この日はいわゆる「土用の丑の日」でした。皆さんには「ウナギを食べる日」として最も「土用」という言葉を身近に感じる日のはずです。とはいえ、ウナギも年々価格が上がり、高嶺の花になりつつあります。我が家では1本を家族全員で細かく切り分けて、美味しくいただきました。

さて、それはともかく、土用に入ったので土を掘り返すのはひとまずお休み…というのが本来の意味なんですが、東海地方でも先日梅雨が明けてからは猛暑が続き、土を掘り返すどころか屋外での作業自体がままならない日が続いています。

とはいえ、この暑さは我が家の植物たちにとっては恵みの日差しを十分に受けられる…ということでもあり、ぐんぐんと枝を伸ばしている木が数多くあります。 続きを読む 伸びる、伸びる、伸びる

みんな元気に伸びてます

梅雨どきは、多くの植物たちが大きく育つ時期です。成長に必要な大量の水、強さはそこそこですが長時間の日射、そしてほどよく高い気温が提供されますからね。もちろん、我が家でもみんな元気いっぱいに伸びてきています。 続きを読む みんな元気に伸びてます

切っても大丈夫

先々週にバッサリと剪定したミモザアカシアの枝から、早くも新芽が次々に伸びてきています。「剪定しても大丈夫。すぐに芽が出てくる」という話は聞いていましたが、それにしてもたったの2週間。生命力の強さにビックリしています。

シマトネリコも元気です

シマトネリコの方も、新しい枝が上へ上へと伸びています。この調子だと、また背が伸びていって毎年のように剪定することになるのでしょうけど、形がカッコ良くなるように考えながら切っていきたいですね。

cut, cut, cut

6月になりました。我が家ではバラのシーズンはずいぶん前に終わりましたが、いろいろな植物たちが大きく伸びてくる季節です。

そして、この時期は、伸びてきた木の枝などを剪定するのにも向いています。樹種によって異なる面はもちろんあるわけですが、植物のカラダを痛めつけることになるわけですから、伸びる元気が十分ある時期は適期の候補になり得ます。

そろそろ梅雨の足音も聞こえてきた今日この頃。もしかすると、これが梅雨入り前の最後の晴天になるかも知れない…ということで、この週末は庭木をカットしまくりました。

続きを読む cut, cut, cut