「レッツノート」タグアーカイブ

ひとまわり大きく

通勤バッグをひとまわり大きいのに新調(右)

通勤に使っていたバッグが、穴が空くなどかなりくたびれてきていたので、この夏のボーナスで新調しました。青色のキャンバス地というところは、これまで使っていたバッグと同じ。ただし、単に買い換えただけ…というにはとどまらない変化があります。 続きを読む ひとまわり大きく

最強のライバル

ちょっと前の話になりますが、7月9日(現地時間)に、Microsoft社から新しいWindowsデバイス・Surface Goが発表されました。既に予約が始まっていて、8月には市場に投入されるのだそうです。

Surfaceシリーズは、Microsoft社が直々に市場に投入している、フル機能のWindowsが動作するタブレットで、純正のカバー兼用のキーボードと組み合わせると、いわゆる2in1的な利用もできるようになっているのが特徴ですね。Surface Goは、1,800×1,200ドットの10型画面を持ち、本体重量が500g強という、これまでで最小、最軽量のSurfaceとなります。 続きを読む 最強のライバル

やっぱりCF-LV7だった

木曜日・6月7日に、レッツノートの2018年夏モデルが発表されました。現在4機種がラインナップされている中で、今回は、いちばん大きな14.0型の画面を持っていたCF-LX6が、「CF-LV7」として大幅モデルチェンジとなりました。 続きを読む やっぱりCF-LV7だった

0.2Mbpsの月末

6月になりました。5月は公私共々にいろいろあって、忙しく動いているうちに終わってしまった感がありますが、月末が近くなって、ひとつ困った事態も起こっていました。 続きを読む 0.2Mbpsの月末

大画面モバイル

先日から、私のレッツノート・CF-RZ4から乗り換える先をどうするのか考えているところです。ここ数週間のうちには、レッツノートにも2018年夏モデルが登場するのではないかと思っていますが、モバイルノートPCを買い換えるときには、いつでもレッツノートに決め打ちするのではなく、幅広い視点で様々な製品を見比べることを心がけています。…とか言いつつ、結局元に戻ってきてしまったりするんですが。

そんな中で、最近画面は大きくても軽量…という「大画面モバイル」を指向したものを見かけることが増えてきた気がします。出先であっても、画面はもちろん大きい方が快適に作業できますよね。どうしても大きくなってしまう縦横サイズについては、狭額縁設計で「より小さいサイズに、ひとクラス上のより大きな画面」の製品が増えてきました。キーボードについても、標準ピッチのものを載せることが可能なので、これも操作性の面で有利に働くでしょう。 続きを読む 大画面モバイル

CF-RZ6の次はどうなる

レッツノート・CF-RZ4

私のレッツノート・CF-RZ4は、購入してから4年目の春を迎えています。相変わらず平日は毎日私と一緒に出勤していますし、遠出するときには仕事のときのみならずプライベートのときでも連れて行きます。

購入直後の頃は、軽快な動きに満足していたはずの私でしたが、最近はずいぶん印象が変わってきました。スタンバイから復帰するときも、アプリを起動するときも…何かと動き出すまでに時間がかかることが増えています。 続きを読む CF-RZ6の次はどうなる

中身は結構新しい

レッツノートの2018年春モデルが発表されました。今回のトピックといえそうなのは、従来のCF-SZ6を置き換える形でラインナップに加わったCF-SV7の登場。外観はほとんど変わっていないように見えるのですが、中身は一新されています。 続きを読む 中身は結構新しい

今回は変わらなかったが

9月末に、レッツノートの2017年秋冬モデルが発表されています。とはいえ、今回は季節が変わったからリフレッシュしましょう…という程度のもので、ハードウェア的には新しい話はありません。私が話題にするのが遅れてしまったのも、このあたりが原因だと自覚しています(苦笑)。 続きを読む 今回は変わらなかったが

CF-RZ4のSSD換装

SSDの128GBの容量が足りなく感じ始めた今日この頃なんですが、これを解決するいちばん単純な方法は、SSDをより大容量のものに換装することです。とはいえ、自作PCの場合と比べると、私の2台のパソコンではそう簡単にいかない作業です。 続きを読む CF-RZ4のSSD換装

128GBでは足りない

現在、私はWindows 10が動作するパソコンを2台使っています。デスクトップPCのHP Pavilion Wave 600と、モバイルノートPCのレッツノート・CF-RZ4では、使い方も、性能も全然違うんですが、実は仕様面でこれらにはひとつ共通点があります。それは、どちらもシステム起動ドライブとして128GBのSSDを使っていること。とはいえ、SSDに期待するところは両者で全く異なっています。 続きを読む 128GBでは足りない