「音楽」タグアーカイブ

Cakewalk by BandLab

4月12日に、私のところにe-mailが届きました。表題は「Get Cakewalk by BandLab FREE today – the next generation of SONAR Platinum」。先日、Cakewalk社の資産を取得したことを発表したBandLab Technologies社が、CakewalkのフラッグシップDAW・SONAR Platinumの次世代バージョンとして、「Cakewalk by BandLab」を無償公開した…という案内です。 続きを読む Cakewalk by BandLab

Cakewalkを拾ったのは

昨年末に、音楽製作ソフトウェア(DAW)の「SONAR」を開発・販売していたCakewalk社が店じまいしてしまったことを話題にしています。SONARユーザーのひとりでもあるワタシにとっては、まさに青天の霹靂でした。何しろ、その1年前には永久にアップデート無料!という「ライフタイムフリーアップデート」の権利を購入していましたからね。1年で終わりかよ!とツッコむしかありませんでした

かつて同社を買収したGibson社が、リストラの一環としてCakewalk事業を継続しないことを決めた…ということで、経営判断で仕方なかったのかも知れませんが、何とも残念な思いをしたものでした。そういえば、そのGibson自体も倒産寸前らしいとの噂を聞きましたが、いったいどうなっているのでしょうか?

使用期限:∞のSONAR PLATINUM

…というのはともかく、幸いSONAR自体は使えなくなったわけではなく、今でもちゃんと起動することは可能です。仕事で使っているわけでもありませんし、せっかく買ったソフトなので、これからも細々と趣味で使っていくのかなぁ?と思っていたんですが、そんな私のところに、思わぬ案内がありました。 続きを読む Cakewalkを拾ったのは

「ずっと」は1年間だった

11月17日(現地時間)に、音楽製作ソフトウェア(DAW)のSONARを開発・販売しているCakewalk社が、新規開発の終了を発表しました。親会社であるGibsonの世界戦略に合致しなかったということのようです。

かつてはローランドが販売していたこともあるSONARでしたが、2013年にギターのブランドでも有名なGibson社がCakewalk社を買収しました。Gibsonは近年音楽関連のいろいろな会社を買収してきましたが、残念ながらSONARは彼らのビジョンに合致するプロダクトではなかった…ということなのでしょうか。 続きを読む 「ずっと」は1年間だった

ハタチになりました。

1997年2月22日にSSK Worldをスタートさせてから、今日でちょうど20年が経ちました。誕生日の記念に…ということで、ちょっと一曲。

先日我が家にやって来たばかりの初音ミクに、「Happy Birthday To You」を英語で歌ってもらいました。日本やアメリカ等ではパブリックドメインの曲ですから、聴いていただいても問題ありませんよね(笑)。 続きを読む ハタチになりました。

10年越しの正式契約

我が家に届いた3箱の宅急便

先日、ちょっとした臨時収入があったので、以前から欲しかったけれど資金がなくて我慢していたアイテムをいくつか、まとめて購入しました。全て通販で注文していましたが、3箇所から別々に発送されていた荷物が、土曜日にクロネコヤマトさんからまとめて届きました。梱包を開けるだけでもひと苦労でした(汗)。

ちなみに、昨年の後半から、クルマパソコンドラムセットビデオカメラ…と、いろんなものを買った私ですが、別におカネが有り余っているわけではありません。それぞれに違った事情の中、何とか資金をひねり出して買っている…ということは、強調しておきたいところです。まあ、今回の臨時収入だけは、ありがたく使わせていただくことにしましたが。 続きを読む 10年越しの正式契約

マイペースとか言いながら

2017年が始まりました。新年あけましておめでとうございます。旧年中より、多くの皆様方にSSK Worldをご訪問いただき、たいへん感謝しております。本年も変わらず続けていきたいと思っておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

…というお堅いご挨拶はそこそこにして。

続きを読む マイペースとか言いながら

ずっと無償アップデート

ドラムセットを買ったときに、某Facebook友達からちょっと話を振られて以来、PCを使った音楽製作ツール関係が気になって、いろいろ調べていました。

PCで楽曲データを作り込んでいく、いわゆる「打ち込み」は、作曲も含めて昔は相当ディープにやっていましたが、なかなか自分の時間が作れなくなって、しばらく離れているうちに、すっかり時代の流れに乗り遅れてしまいました。デスクトップPCが新しくなりましたが、パワフルな処理能力の使い道が少ないなぁ…と思っていたところで、これはちょうど良い使い道とも言えます。

関係各社のWebサイトを調べているうちに、とんでもないキャンペーンが実施されている情報をつかみました。しかも期限は今年末まで…って、あと1週間しかないじゃないですか!

続きを読む ずっと無償アップデート

念願のマイドラム

12月も半ばを過ぎました。私のところにも、ありがたいことに去年よりもちょっぴり多いボーナスが入ってきました。不景気を唱えるのに慣れて久しくなりますが、そんな中でボーナスをもらえるだけでも、感謝しなくてはなりません。

さて、ボーナスが手元に入ると、ついついいろんなものを購入して、「2016年冬のお買い物」なんてタグを付けて楽しんでしまう悪いクセがありますが、今年はまだ「ボーナスで買った」とハッキリ言える買物はしていません。厳密に言えば、ローンを組んで購入している家やクルマは、ボーナスを使って買っている面があるわけですが…。ただ、今のところ「ボーナスのおかげで買えたもの」ならひとつあります。 続きを読む 念願のマイドラム

第三章の幕開け

水曜日・14日に、槇原敬之の2年ぶり、通算21枚目のニューアルバムとなる「Believer」が発売されました。今回も、発売されることがわかった段階で予約して、前日の13日には我が家に初回限定版のCD+DVD2枚組が届きました。

2年前の「Lovable People」発売のときには、楽天ブックスに予約していましたが、今回はAmazonを使っています。CDに限らず、我が家では最近はネット通販のほとんどがAmazonに集約されつつあります。妻がAmazonプライム会員で、私も家族会員を登録して送料が基本的に無料だったり、バーゲンへの優先エントリー権がもらえたりするのが大きいですね。

妻は、プライム会員の特典で音楽や動画のストリーミング配信が利用し放題だったり、写真ならいくらでもオンラインストレージに保存できたり…と、さまざまなサービスが受けられるようです。これで1日10円ちょっと(年額3,900円)というのは、相当安く感じますね。


…というのはともかく、槇原敬之の公式Webサイトによると、この「Believer」は「第三章の幕開け」と位置づけられているのだそうです。なぜそうしたのか、詳細を語ったメディアにはまだお目にかかれていませんが、そう銘打つからには、今までの作品とは一線を画する部分が何かあるはずです。そんなことを頭に置きながら、全13曲を聴いてみました。 続きを読む 第三章の幕開け

キックしたい!

11月ももうすぐ終わり。振り返ってみると、先月中頃あたりから、ほとんどクルマとパソコンの話しかしていません。さすがに皆さん飽きてきた頃ではないかと思います…って、そもそも読者なんているのかどうかよくわからないんですが。

かく言うワタシも、まだまだネタは尽きないものの、書くのにちょっと疲れてきました。たまには別の話でもしましょう。 続きを読む キックしたい!