レッツノート・CF-SV8を使い始めてから、3年半を超えました。相変わらず毎日持ち歩いて、職場でも自宅でも使っています。最近は、自宅でデスクトップPC用のディスプレイにつないで使う機会が増えてきました。既に私の中ではデスクトップ機ではなくこちらがメインマシン…という位置づけになりつつあります。

半年に一度のバッテリー残量表示補正も、つい先日実施しました。積算充電指数は603になり、満充電容量は36,590 mAh。定格容量の86.1%ということになります。半年間で積算充電指数が70ほど増えていて、これまでと同様に使い込んでいるのですが、満充電容量はむしろ増えている…という、本来あり得ない事態が発生しています。

まあ、表示補正自体にもその都度誤差はあるのでしょうし、とりあえずは今の数値を信じておくしかありません。この調子なら、半年後となる4周年の時点でも、8割以上の容量を維持できそうです。


レッツノートの特徴のひとつとして、数多く備えられた外部接続のインターフェース類があります。外出先でもあらゆるものに接続可能で、様々な事態に対応できるのが魅力…ということになるわけですが、3年半を振り返ってみると、実際に使っているインターフェースはかなり偏っていることに気付きます。

面白いことに、CF-SV8の場合、何かしらケーブルをつなぐのはほとんどが左側面。逆に、右側面につなぐことはほとんどありません。何故そうなるのか、ちょっと見てみましょう。


左側面:Thunderbolt 3、USB3.1 Type-A、HDMI

左側面にあるのは、ACアダプターの丸形端子の他にHDMI、USB 3.1(Type-A)、Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cとなります。HDMIは自宅のディスプレイをつなぐだけでなく、出先でプロジェクターをつなぎたいときも、最近は大抵コレで用が足ります。

USB Type-Cの使い道は、主に電源供給(USB PD)と外部ディスプレイの接続(DisplayPort Alt Mode)になりますが、1本のケーブルだけでその両方が兼用できるのが強みです。ディスプレイ側にUSBハブやKVMスイッチ(キーボード・マウス切替機)、有線LANなどを備えて、Type-Cのケーブル1本でつなぎポートリプリケータ的に使える製品も増えてきました。次に我が家のディスプレイを買い換えるなら、この手のモノを狙いたいところですが、当面予定が立ちません(涙)。

USB Type-Aは、USBメモリーなどのストレージデバイスをつなぎたいときに重宝します。仕事でもプライベートでも、ファイルのやりとりはOneDriveやDropboxなどのオンラインストレージを使うのが主流になりつつありますが、一方でギガバイト・テラバイト級の超大容量のデータもやりとりされるようになり、この場合はまだまだローカルの外付けストレージが強力な手段のひとつです。

右側面:USB3.1 Type-A、アナログRGB、有線LAN

一方、右側面にあるのはUSB 3.1(Type-A)が2個、D-sub15ピンのアナログRGB(いわゆるVGA端子)、そして有線LANです。USBは左側にあるものとほぼ同仕様(スリープ中などに外部への電源供給ができないのが違い)なのですが、左利きの私にとってはこちら側に差し込むのは少々面倒です。

そして、VGAと有線LANに至っては、ほとんど出番がありません。使った場面を指折り数えて思い出せる程度です。昔はVGAがないとプロジェクターにつなげない…という場面が多々ありましたが、最近ではHDMIの入力だけしか受け付けないプロジェクターもずいぶん増えてきました。そんなことを言いながらも、つい先週にもVGAしかないプレゼン環境に遭遇したばかりで、バッサリ切り捨てにくいところもありますが…。

左側面と見比べてみると、右側面の方が世代の古い、いわゆるレガシーなインターフェースが多いのがわかります。有線LANは家庭内のネットワークインフラとしてはまだまだ現役ではありますが、Wi-Fiとの速度差がほとんど無くなってきた現状からすると、モバイルノートPCにとって必須の端子とは言えなくなってきました。これで5GのワイヤレスWAN搭載が進んでくれば、有線LANどころかWi-Fiまでもが、本格的にお役御免となる…ことはさすがにないか。使い放題だと利用料が高いし。


前面:SDXCカード、ヘッドセット

前面にもいくつか装備がありますが、こちらも実はほとんど出番がありません。SDカードスロットは、最大約300 MB/sでアクセスできるUHS-IIに対応しているのですが、肝心のUHS-II対応のカード自体があまりに高価です。UHS-IIを生かせるような超高級デジカメも持っていませんし…。

有線のヘッドセットをつなげるφ3.5のオーディオ端子も、全くと言って良いほど出番がありません。Web会議は本体内蔵のマイクアレイとステレオスピーカーで十分ですし、音楽や映像をひとりで楽しむならワイヤレスイヤホンを使えます

光学ディスクドライブ(Blu-ray、DVD…)

CF-SV8の大きな特徴のひとつである光学ディスクドライブも、実は全く出番がありません。購入当時には諸般の事情で非搭載モデルが選べず、せっかくならブルーレイディスクの映像ソフトも見られるようにしよう!とブルーレイドライブ内蔵を選んだのですが、CF-SV8購入以降に私が購入したブルーレイディスクはすべて4K ULTRA HD対応。このドライブでは4K Ultra HDは再生できず、わざわざフルHD版をこちらで再生しても…となってしまいました。

それ以上の誤算だったのは、映像コンテンツはAmazonプライムビデオなどのオンライン配信やスカパー!の有料放送等での展開の方が早く、円盤を買うモチベーションが上がらなくなってしまったこと。これについては、一気に時代が変わった感があります。

このドライブのメリットとしては、ブルーレイディスク1枚からリカバリーが可能なことくらいしかないのですが、これも必要になるのは本当の緊急事態だけですし…あ、SSDを交換した直後にも使えるのか(笑)。


普段どのようなインターフェースを使っているのかを整理しておくことは、特に大きさや重量の制約があるモバイルノートを選ぶ際には重要な情報になります。「全部てんこ盛り」の製品が選べるのなら、変な気を遣う必要がなくなるので楽なのですが、往々にしてオーバースペック、オーバープライスになります。余計なモノを持ち歩いている…という考え方もできますしね。

あまりにも高価になりすぎたレッツノートに代わる「次の何か」を選ぶときには、そのあたりを念頭に置いて選びたいところです。もっとも、それはもう少し先のことになるはずですが。



1回のみ
毎月

記事を気に入っていただけましたか?よろしければ、今後のSSK Worldの活動に向けてご支援をお願いいたします。

SSK Worldを「面白い!」と思っていただける方がありましたら、今後の当サイトの活動継続に向けて、ご支援をお願いいたします。

Choose an amount

¥100
¥500
¥1,000
¥500
¥1,000
¥2,000

Or enter a custom amount

¥

ご協力いただき、ありがとうございます。

ご協力いただき、ありがとうございます。

送金送金

コメント

コメントを残す

タグクラウド

2年縛り Amazon Android BESS Bluetooth CF-B5 CF-R2 CF-R4 CF-RZ4 CF-SV8 DIY iPhone LTE Movable Type Nintendo Switch NuAns NEO Reloaded SNS SSD Webサイト Webブラウザー Windows 10 Windows XP カメラ カーナビ クルマ ショップ ステップワゴンスパーダ スマートフォン バージョンアップ ブログ マラソン レッツノート ログハウス 中日ドラゴンズ 伊豆 倉庫 健康 写真 合唱 塗装 家族 携帯電話 旅行 日本プロ野球 映画 暮らし 東京 槇原敬之 浜松 無線LAN 省電力 自作PC 芝生 花壇 薪ストーブ 薪割り 記念日 野球 音楽 食べる